ここから本文です。

ホーム税について調べる法令解釈通達国税徴収基本通達主要項目別目次>第63条関係 差し押さえる債権の範囲

第63条関係 差し押さえる債権の範囲

差し押さえる債権の範囲

(全額の差押え)

1 徴収職員は、債権を差し押さえるときは、その債権の額が徴収すべき国税の額を超える場合においても、2の場合を除き、その債権の全額を差し押さえなければならない(法第63条本文)。

(一部の差押え)

2 法第63条ただし書の「その全額を差し押える必要がないと認めるとき」とは、次に掲げる要件を満たすときをいうものとする。

(1) 第三債務者の資力が十分で、履行が確実と認められること。

(2) 弁済期日が明確であること。

(3) 差し押さえる債権が、国税に優先する質権等の目的となっておらず、また、その支払につき抗弁事由がないこと。

一部差押えの手続

3 債権の一部を差し押さえる場合には、債権差押通知書の「差押債権」欄に、その債権のうち一部を差し押さえる旨を明記する(令第27条第1項第3号、第2項第2号参照)。