ここから本文です。

ホーム税について調べる質疑応答事例印紙税目次一覧営業の譲渡の意義

営業の譲渡の意義

【照会要旨】

 第1号の1文書に該当する「営業の譲渡」には、例えば、営業活動中の一部門を譲渡する場合も含まれるのでしょうか。

【回答要旨】

 営業という語は二つの意味に用いられます。一つは継続的、集団的に同種の営利行為を行うこと、すなわち営業活動を意味し(主観的な意味の営業)、もう一つは特定の目的に供される総括的な財産的組織体、すなわち企業組織体を意味します(客観的な意味の営業)。ここにいう営業は後者であり、課税物件表第17号の非課税物件欄に規定する営業は前者です。
 営業の譲渡の場合の営業とは、このような財産的組織体、いわゆる営業活動を構成している動産、不動産、債権、債務等を包括した一体的な権利、財産としてとらえられるものをいいますので、営業活動における一部門であっても、財産的組織体として譲渡する限りにおいては、営業の譲渡に含まれます。
 営業譲渡契約書の記載金額は、その組織体を構成している動産、不動産の個々の金額(又はその合計額)をいうのではなく、その組織体を譲渡することについて対価として支払われるべき金額をいいます(基通別表第一第1号の1文書の22)。

【関係法令通達】

 印紙税法基本通達別表第一 第1号の1文書の22

注記
 平成29年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。