ここから本文です。

ホーム税について調べる質疑応答事例財産の評価目次一覧外国の証券取引所に上場されている株式の評価

外国の証券取引所に上場されている株式の評価

【照会要旨】

 外国の証券取引所に上場されている株式はどのように評価するのでしょうか。

【回答要旨】

 財産評価基本通達に定める「上場株式」の評価方法に準じて評価します。

(理由)
  外国の証券取引所に上場されている株式は、国内における上場株式と同様に課税時期における客観的な交換価値が明らかとなっていますから、財産評価基本通達に定める「上場株式」の評価方法に準じて評価します。

(注) 原則として、課税時期における最終価格によります。ただし、その最終価格が課税時期の属する月以前3か月の最終価格の月平均額のうち最も低い価額を超える場合には、その最も低い価額によることができます。
 なお、邦貨換算については、原則として、納税義務者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場(邦貨換算を行う場合の外国為替の売買相場のうち、いわゆる対顧客直物電信買相場又はこれに準ずる相場)によります。

【関係法令通達】

 財産評価基本通達4-3、5-2、169

注記
 平成28年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。