ここから本文です。

ホーム税について調べる質疑応答事例財産の評価目次一覧容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価(1)

容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価(1)

【照会要旨】

 容積率の異なる2以上の地域にわたる宅地の評価に当たり、減額割合の計算を行う場合に適用する容積率は、指定容積率と基準容積率とのいずれによるのでしょうか。

【回答要旨】

 指定容積率と基準容積率とのいずれか小さい方の容積率によります。

(理由)
 建築基準法は、道路、公園、上下水道等の公共施設と建築物の規模との均衡を図り、その地域全体の環境を守るために、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合の最高限度を定めており、この割合を「容積率」といいます。
 容積率には、都市計画にあわせて指定されるもの(指定容積率)と建築基準法独自のもの(基準容積率)とがあり、実際に適用される容積率は、これらのうちいずれか小さい方です。財産評価基本通達20-5において適用する容積率もいずれか小さい方であり、この場合の基準容積率は、建築基準法第52条第2項の規定によるものをいいます。

(注) この取扱いは、減額調整方法としての統一基準を定めたものであることから、減額割合の計算上は、容積率の制限を緩和する特例を定めた建築基準法に規定する基準容積率(1特定道路との関係による容積率の制限の緩和、2都市計画道路がある場合の特例、3壁面線の指定がある場合の特例、4一定の条件を備えた建築物の場合の特例)は関係ありません。

【関係法令通達】

 財産評価基本通達20-5

注記
 平成29年7月1日現在の法令・通達等に基づいて作成しています。
 この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。