ここから本文です。

ホーム税について調べる質疑応答事例法定調書目次一覧

法定調書目次一覧

通則関係

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書

生命保険契約等の一時金の支払調書

不動産の使用料等の支払調書

不動産等の譲受けの対価の支払調書

給与所得の源泉徴収票

退職所得の源泉徴収票

退職手当等受給者別支払調書

株式等の譲渡の対価等の支払調書

ページの先頭へ戻る


(法定調書関係)

(通則関係)

1 法人が合併した場合の法定調書の提出義務

2 法人が事業譲渡した場合の法定調書の提出義務

3 年の中途で法人成りをした場合の法定調書の提出

4 給与所得の源泉徴収票等の交付義務

5 消費税等が含まれている場合の提出範囲の金額基準及び記載方法

6 提出した法定調書に記載誤りを発見した場合の訂正方法

7 e-Tax又は光ディスク等による法定調書の提出義務

8 法定調書の「源泉徴収税額」欄への復興特別所得税の記載方法

(報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書)

1 法人に対して支払った報酬等

2 行政書士に報酬を支払った場合

3 弁護士に支払う旅費相当額

4 司法書士に支払った登録免許税等

(生命保険契約等の一時金の支払調書)

1 「生命保険契約等の一時金の支払調書」の提出省略範囲

(不動産の使用料等の支払調書)

1 建物の賃借に伴って支払われる保証金

2 共有持分の不動産に係る支払調書の作成

3 前払家賃の記載方法

4 法人に支払う賃借料

5 不動産の賃借料を管理会社ヘ支払っている場合

6 不動産の賃貸借契約者と賃借料の負担者が異なる場合

7 返還を要しない敷金等に係る提出時期

(不動産等の譲受けの対価の支払調書)

1 競売による取得

ページの先頭へ戻る

(給与所得の源泉徴収票)

1 中途就職者の提出範囲

2 中途就職した者が退社した場合の提出範囲

3 年の中途で海外支店等に転勤した場合

4 前の給与の支払者が支払った給与等の金額が分からないときの提出範囲

5 死亡後に支給期が到来する給与

6 未払の給与がある場合の記載方法

7 建築士の資格を有する社員に給与を支払った場合の「給与所得の源泉徴収票」の提出基準

8 年末調整後に他の支店に転勤することになった従業員の場合

9 紹介所を通じてマネキンに対価を支払う場合

10 主たる給与の支払者が交代した場合の記載方法

11 「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法

12 居住者が年の中途で出国した場合の「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法

13 給与等の金額が2,000万円を超える者の源泉徴収票の記載要領

14 中途就職者で就職前の会社が支払った給与等を合計すると2,000万円を超える場合の源泉徴収票の記載方法

15 死亡により退職した者の給与に係る源泉徴収票の交付

16 退職後に改訂差額を支給する場合の源泉徴収票の記載方法

17 租税条約に基づき課税の免除を受ける給与等がある場合の「給与所得の源泉徴収票」の記載方法

18 役員等に支給する渡切交際費がある場合の「給与所得の源泉徴収票」の記載方法

19 年末調整が未済の場合に作成する「給与所得の源泉徴収票」の記載事項

(退職所得の源泉徴収票)

1 同一年中に2か所からの退職手当等の支給があった場合の記載方法

2 同一年中に一の勤務先から、使用人としての退職金と役員退職金の双方の支給があった場合の記載方法

3 死亡による退職の場合

(退職手当等受給者別支払調書)

1 死亡退職した場合の「退職手当金等受給者別支払調書」の記載方法と提出省略範囲

2 退職手当金等を年金で支給する場合の「退職手当金等受給者別支払調書」の提出期限

3 適格退職年金の受給権の相続と「退職手当金等受給者別支払調書」の提出義務

4 厚生年金基金が支給する死亡一時金に係る「退職手当金等受給者別支払調書」の提出義務

5 弔慰金名目での支給がある場合の「退職手当金等受給者別支払調書」の提出義務

(株式等の譲渡の対価等の支払調書)

1 法人が非上場株式を購入した場合

2 「株式等の譲渡の対価等の支払調書」の提出省略範囲(特例方式の場合)