ここから本文です。

ホーム税について調べる酒税行政関係情報(お酒に関する情報)お酒についてのQ&A【総則】

【総則】

Q3 酒類にかかる税金(酒税)はどのくらいですか。

A 酒税は、酒類の消費に着目して消費者に負担を求める間接税ですが、その税率については、酒類の数量を課税標準とする従量課税方式が採用されています。
 酒税法では、酒類を発泡性酒類、醸造酒類、蒸留酒類及び混成酒類の4種類に分類し、担税力に応じた負担を求める等の観点から、その分類ごとに基本税率を定めています。
 なお、4種類に分類された酒類は、さらに17品目の酒類に区分されており、それらの具体的な税率は「酒税率一覧表(平成18年5月1日現在〜)(PDF/231KB)」のとおりとなっています。

根拠法令等:
酒税法第23条

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。