ここから本文です。

ホーム税について調べる酒税行政関係情報(お酒に関する情報)お酒についてのQ&A>【総則】

【総則】

Q2 酒類はどのように分類されているのですか。

A 酒税法では、酒類の製法や性状に着目して、発泡性酒類、醸造酒類、蒸留酒類及び混成酒類の4種類に分類し、その分類ごとに異なる税率を適用することを基本としています。
 なお、4種類に分類された酒類は、さらに17品目の酒類に区分されています。

根拠法令等:
酒税法第2条、第3条

参考資料:
酒税法における酒類の分類及び定義(PDF/87KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。