ここから本文です。

ホーム税について調べる酒税行政関係情報(お酒に関する情報)>環境法令における酒類業者の義務

環境法令における酒類業者の義務

飲んだ後もよろしくね!

 国税庁では、資源の有効な利用の確保を図るため、酒類容器のリサイクルや酒類の製造過程において発生する食品廃棄物の発生抑制等について、酒類業者の取組が促進されるよう、制度の周知・啓発を行っています。

パンフレット「環境法令における酒類業者の義務」

 各項目をクリックしていただくと、パンフレットの該当ページがご覧いただけます。

表紙

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

一括ダウンロード(PDF/2,886KB)

 この資料は平成21年3月に作成したものです。

環境法令のあらまし、報告様式等

酒類容器等の3R

 3R(リデュース・リユース・リサイクル)に関するパンフレットや取組事例を紹介しています。
 また、リターナブルびんの普及に関する情報を掲載しています。

10月は「リデュース・リユース・リサイクル推進月間」です

 循環型社会を構築するためには、法制度の整備だけではなく、行政、事業者、消費者の幅広い参加による運動を展開し、国民一人一人の理解と協力を得ることが不可欠です。そこで、関係省庁では、毎年10月を「リデュース・リユース・リサイクル推進月間」と定めて、幅広く国民への啓発活動を展開しています。