ここから本文です。

ホーム税について調べるパンフレット・手引き国税広報参考資料国税広報参考資料【広報月別】>リデュース・リユース・リサイクル(3R)の推進

リデュース・リユース・リサイクル(3R)の推進

テーマ リデュース・リユース・リサイクル(3R)の推進
広報対象 酒類業者、消費者
ポイント ・10月はリデュース・リユース・リサイクル(3R)推進月間であることの周知
・酒類容器のリデュース・リユース・リサイクル(3R)への協力の呼びかけ

10月はリデュース・リユース・リサイクル(3R)推進月間です

 毎日の生活の中で、酒類業者や消費者の皆さんが3Rに気を配ることで容器包装の排出削減等につながりますので、ご協力をお願いします。

酒類製造業者の3R

  • リターナブルびんの利用と積極的な回収
  • 容器の軽量化

酒類流通業者の3R

  • レジ袋の使用削減、簡易包装の推進
  • リターナブルびんの周知や消費者からの回収
  • リターナブルびんなど、環境にやさしい容器を利用した商品の取扱い

消費者の3R

  • 買物袋の持参や簡易包装の励行
  • リターナブルびんなど、環境にやさしい容器を利用した商品の優先選択
  • ルールに沿った分別排出の励行や集団回収への協力

3Rとは?

 「さんアール」や「スリーアール」と呼ばれており、Reduce(リデュース:発生抑制)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再生利用)の頭文字をとったものです。
 循環型社会形成推進基本法において、有用な廃棄物は循環資源と位置付けられており、その利用と処分に当たっては、リデュース・リユース・リサイクルの順に取り組むことが重要とされています。

「リターナブルびん」とは?

 使用後、回収・洗浄されて繰り返し再使用されるびんです。ビールびんや一升びん、酒類業組合等が開発・導入している規格統一びん(Rびん)があります。

 《国税庁における3Rへの取組》

 循環型社会を構築するためには、法制度の整備だけではなく、行政、事業者、消費者の幅広い参加による運動を展開し、国民一人一人の理解と協力を得ることが不可欠です。そこで、関係省庁では、毎年10月を「リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進月間」と定めて、幅広く国民への啓発活動を展開しています。
 この啓発活動の一環として、国税庁では、酒類の「リターナブルびん」は繰り返し使える大切な資源であることを周知するとともに、酒類容器の3Rへの協力を酒類業者と消費者に広く呼びかけています。