ここから本文です。

ホーム税について調べるパンフレット・手引き国税広報参考資料国税広報参考資料【広報月別】>ご存知ですか?公売

ご存知ですか?公売

テーマ ご存知ですか?公売
広報対象 国民全般
ポイント 公売について広く周知し、公売への参加促進を図る。

公売って何?

公売とは、国税局又は税務署が差し押さえた財産を滞納国税に充てるため、広く不特定多数の買受希望者を募り、入札又は競り売りの方法によって売却することをいいます。
 公売では、買受後の返品が認められないほか、品質・機能について保証がないため、一般的に市場価格より低い見積価額が設定されています。

※ 見積価額とは、公売財産の売却価額の最低額を示すものです。

誰が参加できるの?

次に該当する方を除き、原則としてどなたでも参加できます

  • 公売財産を所有する滞納者
  • 国税庁、国税局、税務署の職員
  • 公売への参加を制限されている方

※ 公売財産(農地等)によっては、一定の資格が必要となる場合があります。

どのような財産があるの?

土地・建物といった不動産のほか、宝飾品、美術品、家電製品、自動車など、様々な種類の財産を公売しています。

公売はどこでやっているの?

公売は、全国の国税局や税務署の公売会場で行うほか、インターネット公売や、郵送で入札を受け付ける期間入札を行う場合もあります。
 インターネット公売や期間入札は、遠隔地の公売会場に出向かなくとも、公売に参加していただけます。

※ 国税庁ホームページでは、インターネット番組 「Web-TAX-TV」 で、インターネット公売の参加方法などを紹介しています。
【番組名:あなたもはじめてみませんか、インターネット公売

注意点は?

公売では、財産を現況のまま売却しますので、不動産については、登記簿による権利関係の確認と、実際に現地に行って財産を確認されることをお勧めします。
 動産については、下見会を開催する場合がありますので、国税庁ホームページで日程等をご確認の上、実際にご自身の目で確認されることをお勧めします。


公売財産や公売予定日等の詳細に関しましては、国税庁ホームページ【公売情報】(www.koubai.nta.go.jp)でご確認ください。
 手続の詳細については、公売を実施する国税局又は税務署にお問い合わせください。
 皆様のご参加お待ちしております。