ここから本文です。

ホーム税について調べるパンフレット・手引き国税広報参考資料国税広報参考資料【広報月別】>税の役割と税務署の仕事

税の役割と税務署の仕事

テーマ 「税を考える週間」〔11月11日(火)〜11月17日(月)〕
・税の役割と税務署の仕事
広報対象 国民各層
ポイント
  • ・税の役割や適正・公平な課税と徴収の実現に向けた庁局署の取組について紹介する。
  • ・e-TaxをはじめとしたICT化に関する諸施策について紹介し、利用促進を図る。
「税を考える週間」〔11月11日(火)〜11月17日(月)〕のテーマ
「税の役割と税務署の仕事」

「税を考える週間」とは

 国税庁では、国民の皆様に租税の意義や役割、税務行政に対する知識と理解を深めていただくため、1年を通じて租税に関する啓発活動を行っていますが、毎年11月11日から11月17日を「税を考える週間」として、集中的に様々な広報広聴施策を実施しています。
 平成26年の「税を考える週間」は、テーマを「税の役割と税務署の仕事」とし、以下の通り実施します。

1 インターネットを活用した広報

  • 国税庁の取組等を紹介するコーナーを更新
     国税庁ホームページ内の「ご紹介します 税の役割と税務署の仕事」を「税を考える週間」の開催に合わせて更新します。
     また、スマートフォン版も更新します。
    • 動画で見る税務署の仕事
       調査や徴収などの業務をドラマ仕立てで紹介します。
    • イラストやグラフで見る税の役割と税務署の仕事
       国税庁の取組等を分かりやすく最新のデータで紹介します。
  • ツイッターの活用
     「税を考える週間」の開催に合わせて各種情報を提供します。
     (YouTubeの国税庁動画チャンネルや、国税庁ホームページのインターネット番組「Web-TAX-TV」などの情報を発信します。

2 講演会の実施や関係民間団体等との連携

 職員による講演会や関係民間団体、地方公共団体等と連携してイベントや作品展などを実施します。

税の役割や国税庁のICT化・国際化に対する諸施策について

  • ICT化を通じた納税環境の整備
     国税庁では、申告・納税の際の納税者の利便性の向上を図るため、ICT化を通じた納税環境の整備を進めています。
     具体的には、「確定申告書等作成コーナー」や「e-Tax」の改善のほか、国税庁ホームページにより、納税者が適正に申告・納税が行えるよう納税の意義や税法の知識、手続等について様々な情報提供を行っています。
     また、ダイレクト納付やインターネットバンキング等を利用した電子納税といった多様な納付手段を導入しています。
  • 税の役割
     国や地方公共団体は、国民の生活に欠かすことのできない公共サービスを提供するため、様々な行政活動を行っており、その活動のために必要な経費を賄う財源が「税金」です。
     国税の多くは、納税者自らが税務署へ所得などの申告を行うことにより税額を確定させ、この確定した税額を納税者が自ら納付する「申告納税制度」を採用しています。この申告納税制度が適正に機能するためには、第一に納税者が高い納税意識を持ち、憲法・法律に定められた納税義務を自発的に履行することが必要です。
     国税庁では、この納税義務の履行を適正かつ円滑に実現するため、様々な納税者サービスの充実を図っています。
  • 国際的な取引への対応
     国税庁では、国際的な取引への対応として、国際的租税回避への対応をはじめとした適正・公平な課税の実現のための取組、国際的な二重課税の防止等のための相互協議、租税条約等に基づく情報交換を行っています。
     また、国外財産の適切な課税に資するため、平成26年1月から、「国外財産調書」の提出が義務付けられました。
  • 国税電子申告・納税システム(e-Tax)
     自宅や事務所などからインターネットを利用して、
  1. 1 所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、法人税及び復興特別法人税、贈与税、酒税及び印紙税の申告
  2. 2 全税目の納税
  3. 3 申請・届出等

 の各種手続をすることができます。
  また、平成26年6月からスマートフォン等で一部の手続き等についてe-Taxがご利用いただけます。