税の学習コーナー

ふり仮名のあり/なしテキスト表示印刷

税の学習コーナー学習・入門編 [将来の税はどうなるの?] 国の借金

将来(しょうらい)(ぜい)はどうなるの? (くに)借金(しゃっきん)

わたしたちの生活(せいかつ)のために(くに)がやらなければならない仕事(しごと)はたくさんあって、そのために必要(ひつよう)なお(かね)税金(ぜいきん)だけでは()りません。
では()りない(ぶん)は、どうしているのでしょうか。

(くに)に入ってくるお(かね)使(つか)われるお(かね)をグラフにしてみましょう。

(くに)(はい)ってくるお(かね)使(つか)われるお(かね)

(くに)(はい)ってくるお(かね)(やく)6(わり)税金(ぜいきん)です。
しかし、(くに)がやらなければならない仕事(しごと)(おお)いため、(のこ)りのうち(やく)4(わり)は「公債金(こうさいきん)(言葉の意味)」という()りたお(かね)でおぎなっています。
もちろん()りたお(かね)(かえ)さなければなりませんので、(かえ)すためのお(かね)利子(りし)(はら)うため、税金(ぜいきん)使(つか)って(かえ)しています。
この(かえ)さなければならないお(かね)()えていることが、(いま)日本(にほん)問題(もんだい)となっています。

国に入ってくるお金と使われるお金(グラフ)

※ 数字(すうじ)四捨五入(ししゃごにゅう)しています。

豆知識(まめちしき)
公債金(こうさいきん)(言葉の意味)年々(ねんねん)()え、平成(へいせい)29年度(ねんど)では(かえ)さなければならないお(かね)(やく)865兆円(ちょうえん)になると見込(みこ)まれています。
このお(かね)をわたしたちが(おさ)める税金(ぜいきん)だけで(かえ)すとしたら、(やく)15(ねん)かかるといわれているよ。

さらに、わたしたちの将来(しょうらい)にかかわる問題(もんだい)()てみましょう。

発展編へ

公債金(こうさいきん)
公債金(こうさいきん)」とは、(くに)()りて(あつ)めたお(かね)借金(しゃっきん))のことをいいます。

このページの先頭(せんとう)