税の学習コーナー

税の学習コーナー学習・実践編 [申告書を作成してみよう] 所得税及び復興特別所得税を計算してみよう(4)2回目の控除(所得控除)

申告書を作成してみよう 所得税及び復興特別所得税を計算してみよう
(4)2回目の控除(所得控除)

所得税法上の「勤労学生」に当てはまる場合、「勤労学生控除」が受けられます。
また、所得税額の計算をする場合に、全ての納税者が総所得金額などから差し引くことができる控除を「基礎控除」といいます。

所得金額(234,000円)-所得控除(勤労学生控除270,000円、基礎控除380,000円、合計650,000円)=−416,000円、課税所得金額0円

■所得控除

 所得税法では「所得控除」の制度を設けています。
 これは、所得税を計算するときに、個人的事情を加味しようとするためです。
 それぞれの所得控除の要件に当てはまる場合には、各種所得の金額の合計額から所得控除の合計額を差し引き、税金は、その残りの金額を基礎として計算されます。

■所得控除の種類

 一定額以上の医療費の支払いがある場合の「医療費控除」、国民健康保険料(税)や国民年金保険料などの支払いがある場合の「社会保険料控除」、国、地方公共団体などに支出した寄附金等がある場合の「寄附金控除」などがあります。
 なお、住宅ローン等を利用してマイホームを取得等し、一定の要件を満たす場合に控除できる「住宅借入金等特別控除」(いわゆる住宅ローン減税)等は、税額控除になります。

条件に当てはまれば、誰でも控除を受けられるんだ。

このページの先頭(せんとう)