税の学習コーナー

ふり仮名のあり/なしテキスト表示印刷

税の学習コーナー学習・発展編 [これからの社会と税] これからの社会と税

これからの社会(しゃかい)(ぜい) これからの社会(しゃかい)(ぜい)

日本(にほん)経済(けいざい)社会(しゃかい)(おお)きく変化(へんか)してきています。少子(しょうし)高齢化(こうれいか)進展(しんてん)だけでなく、家族構成(かぞくこうせい)個人(こじん)(はたら)(かた)()わってきています。

経済社会(けいざいしゃかい)変化(へんか)

日本(にほん)人口(じんこう)は2004(ねん)をピークに減少(げんしょう)し、21世紀(せいき)(なか)ばには2.5(にん)1人(ひとり)が65(さい)以上(いじょう)高齢者(こうれいしゃ)となる超高齢化社会(ちょうこうれいかしゃかい)になるといわれています。
また、日本(にほん)労働力人口(ろうどうりょくじんこう)減少(げんしょう)してきています。労働力人口(ろうどうりょくじんこう)とは、(まん)15(さい)以上(いじょう)(はたら)(ひと)完全失業者(かんぜんしつぎょうしゃ)(ふく)む。)の人口(じんこう)のことをいいます。労働力人口(ろうどうりょくじんこう)減少(げんしょう)している理由(りゆう)としては、()まれてくる()どもの(かず)()(つづ)けていることや、(わか)(ひと)たちの(なか)でも(はたら)かない(ひと)()えていることが(かんが)えられます。さらに(はたら)(かた)多様化(たようか)し、会社(かいしゃ)(つと)める正社員(せいしゃいん)ではないフリーターやパートとして(はたら)(ひと)(かず)増加(ぞうか)しています。
そして、独身(どくしん)(ひと)や、夫婦(ふうふ)二人(ふたり)だけの家庭(かてい)()えるなど家族(かぞく)構成(こうせい)変化(へんか)しています。
これらの変化(へんか)は、これからの日本(にほん)社会(しゃかい)(ぜい)のあり(かた)(かんが)えていくうえでとても重要(じゅうよう)なことです。

雇用形態別(こようけいたいべつ)雇用者数(こようしゃすう)推移(すいい)役員やくいんのぞく)

雇用形態別の雇用者数の推移のグラフ

正規(せいき)正社員(せいしゃいん))」の雇用者(こようしゃ)()り、「非正規(ひせいき)(パートやアルバイトなど)」の雇用者(こようしゃ)()えていることに注目(ちゅうもく)しましょう。

負担(ふたん)のあり(かた)について

租税負担(そぜいふたん)社会保障負担(しゃかいほしょうふたん)公的年金(こうてきねんきん)公的医療(こうてきいりょう)保険(ほけん)保険料(ほけんりょう)など)の合計(ごうけい)が、国民所得(こくみんしょとく)()める割合(わりあい)のことを国民負担率(こくみんふたんりつ)といいます。

現在(げんざい)日本(にほん)国民(こくみん)負担率(ふたんりつ)は、主要先進国(しゅようせんしんこく)(くら)(ひく)水準(すいじゅん)にあります。

国民(こくみん)負担率(ふたんりつ)国際(こくさい)比較(ひかく)

国民負担率を諸外国(アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランス)と比較したグラフ

日本(にほん)は2017年度(ねんど)見通(みとお)し。諸外国(しょがいこく)は、OECD "Revenue Statistics(およ)(どう)"National Accounts等による2014年実績値(ねんじっせきち)

国民負担率(こくみんふたんりつ)諸外国(しょがいこく)(くら)べたグラフです。

今後(こんご)は、日本(にほん)急速(きゅうそく)高齢化(こうれいか)念頭(ねんとう)()いて(かんが)えていく必要(ひつよう)があります。

(ぜい)のしくみのあり(かた)について

これからの日本(にほん)では少子(しょうし)高齢化(こうれいか)(きび)しい財政状況(ざいせいじょうきょう)()まえ、(ゆた)かで安心(あんしん)して()らせるための社会保障制度(しゃかいほしょうせいど)持続可能(じぞくかのう)財政構造(ざいせいこうぞう)構築(こうちく)必要(ひつよう)になります。
そのためには、歳出面(さいしゅつめん)での改革(かいかく)とともに、税制面(ぜいせいめん)では、所得(しょとく)消費(しょうひ)資産(しさん)などの多様(たよう)租税(そぜい)ベースに適切(てきせつ)負担(ふたん)(もと)めつつ、必要(ひつよう)公的(こうてき)サービスを安定的(あんていてき)(ささ)える歳入構造(さいにゅうこうぞう)構築(こうちく)重要(じゅうよう)となります。

(ゆた)かで安心(あんしん)して()らせる未来(みらい)のためには、公平(こうへい)租税負担(そぜいふたん)給付(きゅうふ)関係(かんけい)について、(わたし)たち一人(ひとり)ひとりが(かんが)えることが大切(たいせつ)です。

入門編へ

このページの先頭(せんとう)