税の学習コーナー

ふり仮名のあり/なしテキスト表示印刷

税の学習コーナー学習・発展編 [国の財政] 歳出〜経済協力費〜

(くに)財政(ざいせい) 歳出(さいしゅつ)経済協力費(けいざいきょうりょくひ)

税金(ぜいきん)は、国民(こくみん)のためだけに使(つか)われるのではありません。
国際社会(こくさいしゃかい)平和(へいわ)(ねが)って、世界(せかい)人々(ひとびと)のために支援(しえん)することも、(くに)大切(たいせつ)仕事(しごと)です。
では、日本(にほん)はどのような支援(しえん)(おこな)っているのでしょうか。

経済協力費(開発途上国の経済援助のために)5,110億円

開発途上国(かいはつとじょうこく)自立(じりつ)支援(しえん)しています。

援助活動
写真提供 今村健志朗/JICA

世界(せかい)には、(おお)くの人々(ひとびと)貧困(ひんこん)飢餓(きが)(くる)しみ、国際社会(こくさいしゃかい)見過(みすご)すことのできない深刻(しんこく)事態(じたい)になっている国々(くにぐに)があります。
こうした国々(くにぐに)生活環境(せいかつかんきょう)改善(かいぜん)するためには、国際社会(こくさいしゃかい)協力(きょうりょく)して援助(えんじょ)する必要(ひつよう)があります。日本(にほん)など経済力(けいざいりょく)のある国々(くにぐに)は、開発途上国(かいはつとじょうこく)との対話(たいわ)(すす)めながら、経済協力(けいざいきょうりょく)(おこな)い、自立(じりつ)支援(しえん)しています。

政府開発援助(せいふかいはつえんじょ)現状(げんじょう)課題(かだい)

開発途上国(かいはつとじょうこく)経済的(けいざいてき)社会的(しゃかいてき)開発(かいはつ)、あるいは福祉(ふくし)向上(こうじょう)貢献(こうけん)することを目的(もくてき)とし、贈与(ぞうよ)技術(ぎじゅつ)協力(きょうりょく)など直接的(ちょくせつてき)援助(えんじょ)をすることや、国際機関(こくさいきかん)資金(しきん)提供(ていきょう)することを「政府開発援助(せいふかいはつえんじょ)(ODA)」といいます。
日本(にほん)援助額(えんじょがく) は2015(ねん)主要国(しゅようこく)4番目(ばんめ)となっていますが、日本(にほん)財政(ざいせい)危機的状況(ききてきじょうきょう)にあることも(わす)れてはなりません。
今後(こんご)政府開発援助(せいふかいはつえんじょ)については、(かお)()える援助(えんじょ)推進(すいしん)するなど、援助(えんじょ)(しつ)向上(こうじょう)させることが大切(たいせつ)になるでしょう。

豆知識(まめちしき)】ODAを(やく)してみよう

Official(=(おおやけ)の) Development(= 開発(かいはつ)) Assistance(=援助(えんじょ)

日本(にほん)政府開発援助予算(せいふかいはつえんじょよさん)推移(すいい)

国の政府開発援助予算の内訳(無償資金協力、技術協力、借款、国際機関に対する出資・拠出)の推移のグラフ

政府開発援助予算(せいふかいはつえんじょよさん)内訳(うちわけ)変化(へんか)(しめ)したグラフです。
資金(しきん)援助(えんじょ)だけでなく、技術協力(ぎじゅつきょうりょく)にも(ちから)()れていることに注目(ちゅうもく)しましょう。

主要国(しゅようこく)政府開発援助(せいふかいはつえんじょ)比較(ひかく)(2015年実績(ねんじっせき)

主要国(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本)の政府開発援助の比較(2015年度実績)を示したグラフ

主要国(しゅようこく)援助金額(えんじょきんがく)(しめ)したグラフです。
各国(かっこく)ともに多額(たがく)援助(えんじょ)をしています。

入門編へ

このページの先頭(せんとう)