税の学習コーナー

ふり仮名のあり/なしテキスト表示印刷

税の学習コーナー学習・発展編 [国の財政] 歳出〜文教及び科学振興費〜

(くに)財政(ざいせい) 歳出(さいしゅつ)文教(ぶんきょう)(およ)科学振興費(かがくしんこうひ)

税金(ぜいきん)(わたし)たちの学校教育(がっこうきょういく)科学技術(かがくぎじゅつ)発展(はってん)のためにも役立(やくだ)てられています。
一体(いったい)、どれくらいのお(かね)使(つか)われているのでしょうか。

文教及び科学振興費(教育や科学技術の発展のために)5兆3,567億円

学校教育費(がっこうきょういくひ)

文教(ぶんきょう)(およ)科学振興費(かがくしんこうひ)は、教育(きょういく)科学技術(かがくぎじゅつ)発展(はってん)のために使(つか)われています。
その内訳(うちわけ)()ると、(たと)えば、公立(こうりつ)(しょう)中学校(ちゅうがっこう)教員(きょういん)給与(きゅうよ)などの3(ぶん)の1を負担(ふたん)している「義務教育費国庫負担金(ぎむきょういくひこっこふたんきん)」に1(ちょう)5,248億円(おくえん)教科書(きょうかしょ)配付(はいふ)国公立大学法人(こっこうりつだいがくほうじん)私立学校(しりつがっこう)援助(えんじょ)のための「教育振興助成費(きょういくしんこうじょせいひ)」に2(ちょう)3,315億円(おくえん)使(つか)われます。
そのほかにも公立(こうりつ)(しょう)(ちゅう)高等学校(こうとうがっこう)校舎改築(こうしゃかいちく)などのための支出(ししゅつ)や、育英事業費(いくえいじぎょうひ)などもあり、こうした予算(よさん)によって、学校(がっこう)での教育(きょういく)運営(うんえい)されています。

公立学校(こうりつがっこう)児童(じどう)生徒(せいと)1人()たりの年間教育費(ねんかんきょういくひ)負担額(ふたんがく)
平成(へいせい)26年度(ねんど)

小学生 約890,000円、中学生 約1,011,000円、高校生(全日制)1,005,000円

研究開発(けんきゅうかいはつ)必要(ひつよう)科学技術振興費(かがくぎじゅつしんこうひ)

科学技術振興費(かがくぎじゅつしんこうひ)」は、ライフサイエンスをはじめとする基礎的研究(きそてきけんきゅう)のほか、宇宙開発(うちゅうかいはつ)海洋開発(かいようかいはつ)、コンピュータなど情報通信(じょうほうつうしん)(IT)の研究開発(けんきゅうかいはつ)などの推進(すいしん)役立(やくだ)てられています。
科学技術(かがくぎじゅつ)(ちから)()れることは、日本(にほん)国際競争力(こくさいきょうそうりょく)強化(きょうか)するだけでなく、国際的(こくさいてき)取組(とりく)みに貢献(こうけん)する重要(じゅうよう)意味(いみ)があるのです。

文教(ぶんきょう)(およ)科学振興費 (かがくしんこうひ ) 内訳(うちわけ) (平成(へいせい)29年度(ねんど)当初予算(とうしょよさん)

文教及び科学振興費内訳(平成29年度当初予算5兆3,567億円)を示したグラフ

文教(ぶんきょう)(およ)科学振興費(かがくしんこうひ)内訳(うちわけ)(しめ)したグラフです。

入門編へ

このページの先頭(せんとう)