ここから本文です。

ホーム仙台国税局採用案内>国税専門官採用試験

国税専門官採用試験

1 国税専門官の業務と求められる資質

国税庁は、国の財政基盤を支える内国税の賦課・徴収を行う官庁です。
 その中で国税専門官は、国税局や税務署において、税のスペシャリストとして法律・経済・会計等の専門知識を駆使し、国税調査官、国税徴収官、国税査察官といった職種に分かれて活躍しています。
 国税専門官には、豊かな教養と高度の専門知識はもちろんのこと、時代の変化に即応する強い精神力とバイタリティーが求められています。

2 国税専門官になるには

人事院が実施する国税専門官採用試験に合格し、採用される必要があります。
 この試験は、大学卒業程度の試験であり、受験する年の4月1日現在で、満21歳以上30歳未満の方であれば受験でき、学歴は問いません。
 最終合格者は採用候補者名簿に記載され、この名簿から各年の採用環境を考慮して、仙台国税局をはじめとする各国税局に採用され、採用局管内の税務署で勤務することになります。

3 採用されると

採用後は、税務大学校和光校舎に入校し、税法・簿記などについての専門官基礎研修を受講した後、採用局管内の税務署に配置されます。
 税務署において一定期間の実務を経験した後、税務大学校地方研修所において専攻税法研修を受講します。その後、さらに一定期間の実務を経験した後、より高度な専門知識や技能を習得するため、再度、税務大学校和光校舎において、専科を受講します。
 その後、国税調査官・国税徴収官などに任用されます。