国税庁では、マイナンバーカード(こめ1)やマイナポータルとの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を進めており、平成31年1月からご利用いただける予定です。

マイナンバーカードによるe-Tax利用(マイナンバーカード方式)

 マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、申告等データの作成・送信ができるようになります。

 e-Taxを利用するためには、事前に税務署長へ届出をし、e-Tax用のID・パスワード(こめ2)の通知を受け、これらを管理・入力する必要がありますが、マイナンバーカード方式では、そのような手間がなくなります。

ID及びパスワードによるe-Tax利用(ID・パスワード方式)

 マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワードのみで、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxによる送信ができるようになります(こめ3、4)。

 メッセージボックスの閲覧には、原則としてマイナンバーカード等によるログインが必要になりますのでご注意ください(こめ5)。

 こめ1 マイナンバーカードには、電子署名を付与するための電子証明書が標準的に搭載されています。

 こめ2 e-Tax用のID・パスワードとは、利用者識別番号と暗証番号のことです。

 こめ3 税務署にお越しの際は、本人確認のできる書類(運転免許証など)をお持ちください。

 こめ4 マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です。

 こめ5 なりすまし防止などのセキュリティ対策の一環として行います。


平成31年1月以降のe-Taxの利用のイメージ

申告署の作成の流れ(図)

※ 上記の図をクリックすると拡大してご覧になることができます。
 元の画面に戻る場合はブラウザの「戻る」をクリックしてください。