テーマ 果実酒等の製法品質表示基準(ワインのラベル表示ルール)について
広報対象 果実酒等を購入する国民全般並びに果実酒等を販売する小売店及び料飲店
ポイント 「日本ワイン」であることなどをワインのラベルに表示するルールの適用が始まります。

平成30年10月30日から日本ワインの表示ルールがスタートしました

 これまでは、輸入した濃縮ぶどう果汁などを原料としたワインも「国産ワイン」と呼ばれており、消費者に分かりにくい状況となっていましたが、10月30日から、国産ぶどうのみを原料として国内で製造したワインを「日本ワイン」として表示するルールが始まり、これにより、ラベルの表示から日本ワインであることが分かるようになりました。

「日本ワイン」の表示

日本ワインとは、国内で収穫されたぶどうのみを原料として、国内で製造されたワインです。
 日本ワインには、一括表示欄に必ず「日本ワイン」と表示することになりましたので、ワインを選ぶときに一括表示欄を見れば、日本ワインであることがすぐに分かるようになります。
 なお、一括表示欄とは、びんの裏面のラベル(裏ラベル)などに、原材料名やその原産地名、製造者、内容量、 アルコール分など、必要な情報が一括して書かれたものをいいます。

「日本ワイン」以外のワインの表示

○ 日本ワイン以外の国内で製造されたワイン

 濃縮ぶどう果汁を原料としたものや輸入ワインを原料としたものなどがあります。
 これらのワインには、びんの表面のラベル(表ラベル)に「濃縮果汁使用」や「輸入ワイン使用」といった表示がされることになります。

○ 海外から輸入されたワイン

 一括表示欄に必ず原産国名が表示されることになります。

日本ワインの表示ルールについての詳細

 このほか、原料のぶどうの収穫地やワインを醸造した場所を表示する場合のルールなどがあります。
 詳しい情報は、国税庁ホームページの以下のページをご覧ください。

ホーム/税の情報・手続・用紙/お酒に関する情報/酒類の表示/「果実酒等の製法品質表示基準」について
https://www.nta.go.jp/taxes/sake/hyoji/kajitsushu/index.htm