テーマ e-Tax利用の簡便化
広報対象 個人納税者
ポイント e-Tax利用の簡便化の周知

平成31年(2019年)1月からe-Taxの利用手続がより便利になります

マイナンバーカード方式によるe-Tax利用

マイナちゃん

マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、簡単にe-Taxの利用を開始し、申告等データの作成・送信ができるようになります。

 e-Tax用のID・パスワードを管理・入力する手間がなくなります。  
 今後e-Taxを利用する場合に、マイナポータルを経由して入手した医療費情報を活用できるようにするなど、手続の簡素化に向けた取組を進めています。

ID・パスワード方式によるe-Tax利用

イータくん

マイナンバーカードの未取得の方は、税務職員との対面で本人確認を行い、税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワードだけで、申告等データの作成・送信ができるようになります。
(注1、2)

  • (注1)マイナンバーカード及びICカードリーダライタが未取得の方についての暫定的な対応です。
  • (注2)申告等データを送信後、改めてこれを閲覧するには、原則として電子証明書が必要です。
 IDとパスワードの発行を希望される方は、平成30年(2018年)4月以降に所轄の税務署にお越しください。  

 ID・パスワード方式によるe-Taxでの申告は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」でのみ利用できます。

※ 「確定申告書等作成コーナー」では、所得税、消費税及び贈与税の確定申告書のほか、修正申告書や更正の請求書などを作成することができます。

 税に関する情報は国税庁ホームページへアクセス www.nta.go.jp −