ここから本文です。

ホーム大阪国税局大阪国税局からのお知らせ記帳の仕方がわからない方へ

記帳の仕方がわからない方へ

記帳を始められる方へ(簡易な帳簿の記帳の仕方)

個人で事業や不動産貸付等を行う全ての方は、記帳と帳簿書類の保存が必要です。
 大阪国税局では記帳を始める白色申告の方のために、業務の内容に応じて以下の「記帳練習帳」を作成しました。
 この練習帳は、簡易な帳簿の記載例を参考にしていただき、「様式」を印刷して日々の取引を記録することにより記帳に慣れていただくことを目的にしています。
なお、この「様式」を備付帳簿として活用することができます。
 「記帳の仕方」に関するご質問等は、最寄りの税務署にお電話いただき、自動音声にしたがって「2」を選択後、個人課税部門(記帳指導担当)へお問合せください。

帳簿のつけ方がわからないときは

帳簿のつけ方がわからないときには、お気軽に最寄りの税務署の個人課税部門(記帳指導担当)にお尋ねください。
 なお、税務署では、事業所得等を有する白色申告の方に対し、記帳に関する説明会を開催し、記帳・記録保存制度の概要や具体的な記帳の仕方等についての説明を無料で行っています。
 詳しくは「記帳説明会のご案内」をご覧ください。
 また、次の機関でも記帳の指導等を行っています。

 納税協会
 正しい税知識の普及や、適正な申告納税の推進と納税道義の高揚を図ることを目的として、大阪国税局の各税務署管内に設立された団体で、税知識の普及のための各種説明会、簿記教室・パソコン会計教室などの講習会の開催、適正な申告納税を推進するための広報活動や納税道義の高揚に向けた租税教育への取組など公益性の高い活動を行っています。
 なお、簿記教室では、税の専門家(税理士)が簿記の基礎知識や複式簿記による帳簿のつけ方を指導しています。


 商工会議所・商工会
 特別の法律に基づいて設立された法人で、商工業の総合的な発展を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することを目的としています。商工業についての調査研究や講習会の開催のほか、小規模事業者に対する「経営改善普及事業」の一環として記帳指導を行っています。

税理士による記帳指導が無料で受けられます

税務署では、帳簿のつけ方や決算・確定申告の手続などについて、税の専門家である税理士やパソコンの指導員等によるアドバイスを無料で受けていただく「記帳指導」の機会を設けております。
 指導回数は、原則として、講習会と個別指導を合わせて、年間で4回〜5回程度の指導となります。

「会計ソフトを利用した」パソコンによる記帳指導をお勧めしております。
 国税局が委託した外部業者の指導員が、会計ソフト、テキストを利用して、記帳の仕方、決算における処理等を年間で3回〜4回程度、集合方式により指導します。
 また、最終回は、国税局が派遣する税理士が確定申告書の作成などの指導を行います。
 なお、ご希望によりe-Tax(国税電子申告・納税システム)による申告手続も行うことができます。
 詳しくは、「記帳指導ってなぁに?(PDF/165KB)」をご覧ください。

記帳指導を希望される方は、次の「記帳指導の受講希望アンケート(兼申込書)」を税務署へ提出していただくか、又は、税務署の個人課税部門(記帳指導担当)へ直接ご連絡ください。

 「記帳指導の受講希望アンケート(兼申込書)」のダウンロード(PDF/282KB)

ご提出いただきました「記帳指導の受講希望アンケート(兼申込書)」の個人情報は、記帳指導を行うために利用し、国税局が記帳指導の業務等を委託した事業者以外への提供はいたしません。
 また、ご相談や指導の内容などの個人情報は厳守されます。安心してご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。