ここから本文です。

ホーム大阪国税局租税教育紙しばい・絵本のコーナー>しあわせのあおいふうせん

しあわせのあおいふうせん

1

1

あるところに、どうぶつたちのまちがありました。
まちのまんなかには、かわがあり、きのはしがかかっていました。
どうぶつたちは、たいへんなかよくくらしていましたが、こまったことにキツネさんだけは、みんなとなかよくしようとしませんでした。

そうそう、こんなことがありました。


2

1

かぜがふく、さむいあさのこと。
ブタさんのこどもがびょうきになり、キツネさんにクルマでびょういんまでつれていってくれるよう、なんかいもたのみました。
このまちで、クルマをもっているのはおかねもちのキツネさんだけなのです。
しかしキツネさんは、 「あさはよからうるさいなあ。まだねむたいんや。」といって、ドアをしめてしまいました。
びょういんは、はしをわたったとおくにありました。
「エーン。エーン。こどもがしんでしまうよー。」
とうとうブタさんはなきだしてしまいました。


ナビゲーション

前のページに戻る 紙しばい・絵本のコーナーのトップページへ 次のページへ進む