ここから本文です。

ホーム沖縄国税事務所報道発表資料(プレスリリース)目次>平成27年度 酒類課税状況について

平成28年6月
沖縄国税事務所

平成27年度 酒類課税状況について

1 全酒類の課税状況

平成27年度(平成27年4月から平成28年3月)の沖縄国税事務所管内における全酒類の酒税額は前年比0.2%増の105億5千5百万円で、課税移出数量は同0.3%減の71,058キロリットルであった。

酒税額は増加に転じたものの、課税移出数量は2年連続の減少となった。

2 種類別の課税状況

泡盛は、酒税額が前年比1.0%減の40億1千6百万円、課税移出数量が同0.6%減の20,071キロリットルで、酒税額及び課税移出数量は、過去最高だった平成16年度以降11年連続の減少となった。

ビールは、酒税額が前年比2.8%増の43億9千4百万円、課税移出数量が2.8%増の24,219キロリットルで、4年連続の増加となった。

その他の酒類は、酒税額が前年比2.5%減の21億4千5百万円、課税移出数量が同2.7%減の26,768キロリットルで、2年連続の減少となった。

3 泡盛の課税状況

県内向けの泡盛の酒税額は、前年比0.1%増の28億2千5百万円、課税移出数量は、同0.3%増の15,823キロリットルであった。
 酒税額は4年ぶり、課税移出数量は10年ぶりの増加となった。

県外向けの泡盛の酒税額は、前年比3.4%減の11億9千1百万円、課税移出数量は、同3.7%減の4,248キロリットルであった。いずれも3年連続の減少となった。

4 参考

全酒類の課税移出数量(71,058キロリットル)は、「美ら海水族館」の巨大水槽「黒潮の海」(7,500立方メートル)を容器に見立てると、約9.5杯に相当する数量となる。

※「その他の酒類」は清酒、連続式蒸留しょうちゅう、単式蒸留しょうちゅう(泡盛を除く)、果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、原料用アルコール、発泡酒、スピリッツ及びリキュール(発泡性リキュールを含む)である。


(表1)酒類課税状況表(種類別)

(単位:kl、%、百万円)

年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
酒類別   構成比 前年比   構成比 前年比   構成比 前年比
泡盛 数量 21,58229.198.220,19028.393.620,07128.299.4
税額 4,34839.798.34,05638.593.34,01638.099.0
ビール 数量 23,51631.7102.423,55733.1100.224,21934.1102.8
税額 4,26038.9102.44,27440.6100.34,39441.6102.8
その他の酒類 数量 29,14939.3102.927,51138.694.426,76837.797.3
税額 2,35621.5102.32,20020.993.42,14520.397.5
合計 数量 74,246100.0101.371,258100.096.071,058100.099.7
税額 10,964100.0100.710,530100.096.010,555100.0100.2

(表2)泡盛の課税移出状況

(単位:kl、%、百万円)

年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
区分   構成比 前年比   構成比 前年比   構成比 前年比
泡盛 県内 数量 16,93578.598.915,78278.293.215,82378.8100.3
税額 3,03769.899.12,82469.693.02,82570.4100.1
県外 数量 4,64621.595.64,40921.894.94,24821.296.3
税額 1,31130.296.61,23330.494.11,19129.796.6
合計 数量 21,582100.098.220,190100.093.620,071100.099.4
税額 4,348100.098.34,056100.093.34,016100.099.0

(注)

  • 1 表1の「その他の酒類」は、清酒、連続式蒸留しょうちゅう、単式蒸留しょうちゅう(泡盛を除く)、果実酒、甘味果実酒、ウイスキー、ブランデー、原料用アルコール、発泡酒、スピリッツ及びリキュール(発泡性のものを含む)の合計である。
  • 2 各表の計数は、項目ごとに端数処理を行っており、必ずしも合計と一致しない。
  • 3 各表の平成27年度の値は、速報値である。

平成27年度 酒類課税状況について

平成27年度(平成27年4月から平成28年3月)の沖縄国税事務所管内における全酒類の酒税額は105億5千5百万円(前年比100.2%)、課税移出数量は71,058kl(前年比99.7%)となっています。

平成27年度の酒類課税状況のグラフ

平成27年度の泡盛の課税状況のグラフ

《参考》

平成27年度の全酒類の課税移出数量(71,058kl)は、「美ら海水族館」の巨大水槽「黒潮の海」(7,500立方メートル)を容器に見立てると、約9.5杯に相当する数量となります。