ここから本文です。

ホーム沖縄国税事務所採用案内>職員募集案内

職員募集案内

私たちの仕事

 税務に関する仕事は、国の繁栄と国民生活の安定・向上を支える上で、極めて重要であり、そのような仕事に携わっているのが、私たち税務職員です
 税務職員は、適正・公平な課税を維持し、また、租税収入を確保するため、税務のスペシャリストとして法律、経済及び会計等の専門知識を駆使し、次の仕事を行っています。

納税者サービス

 課税への信頼と納税意識を高めるため、税務相談、広報広聴活動及び記帳指導などのサービスを通じて、税に関する知識の普及を図ります。

税務調査

 納税義務者である個人や会社等を訪問して人(従業員など)・物(商品など)・金の動きを綿密に調査し、申告内容の是非を確認します。また、通常の調査だけではチェックできない悪質な脱税者に対しては、強制調査を行います。

管理・徴収

 国税債権の管理、還付金の処理、納税証明書の発行、納付の相談などを行います。また、納税に誠意のない滞納者に対しては、財産調査や捜索を行い、差押えや公売などの強制徴収手続を行います。

採用されたら

 税務大学校に入校して研修を終えた後は、沖縄県内の6つの税務署やこれを管轄する沖縄国税事務所で勤務します。本人の希望と努力次第では、他都府県を管轄する国税局、国税庁、他省庁へと活躍のステージは広がって行きます。

※ 税務職員(高校卒業程度)採用者については、税務大学校東京研修所に入校し、大学と同水準の教養と税の基礎知識を習得するため、約12か月の普通科研修を受講します。普通科研修終了後は、東京国税局管内の税務署で約12か月の実務経験、税務大学校東京研修所で約3か月の初任者基礎研修、そして東京国税局管内の税務署で約24か月の勤務を経た後、沖縄県内の6つの税務署やこれを管轄する沖縄国税事務所で勤務します。

充実した研修制度

 税務の仕事を遂行するには、豊かな教養と高度な専門知識のほか、広い視野、高い識見、的確な判断力等が求められます。そのため、国税の職場では経験年数に応じた研修、実務面のニーズに即した研修、選抜試験(又は選考)による研修など様々な研修が用意されています。

先輩からのメッセージ

 第一線で活躍する先輩たちの熱いメッセージ。
 やりがい、使命感、自分の成長、日々の充実、いろいろな角度から職場の魅力を紹介します。

人事・給与・福利厚生等

採用試験日程

職場説明会等日程一覧


連絡先 沖縄国税事務所 人事課 人事第二係
098-867-3601(内線516)