ここから本文です。

ホーム税務大学校租税史料税の歴史クイズ税印の押捺

税印の押捺

【問い】

印紙税に関しては、印紙を貼付する代わりに、「税印」によることも可能です。この税印の歴史は古く、明治6年(1873)に制定されました。
 大量の課税文書に対しては、印紙貼付よりも税印の方が利便性に優れていますが、当初は、税印押捺の申請先は租税寮(大蔵省の一機関)のみとされていました。
 明治34年(1901)に大蔵省から税務管理局へ税印押捺事務が委譲され、明治35年には函館税務署でも申請することが可能となり、その後も、申請できる場所は増えていきました。
 それでは、明治36年11月時点で、申請先は何ヵ所あったでしょうか。

  • 1 7ヵ所
  • 2 49ヵ所
  • 3 118ヵ所

答えはこちら