ここから本文です。

ホーム税務大学校税務大学校公開講座の御案内

税務大学校公開講座の御案内

税務大学校では、租税に関する知識の普及等に寄与することを目的として、広く一般の方々向けに平成6年度から公開講座を開催しております。
 本年度も、「税を考える週間」に合わせて、大学教授や税務大学校職員を講師に、普段はあまり税に接する機会の少ない方から、税に関する仕事に携わる方まで、多くの方々に興味をお持ちいただけるよう、バラエティに富んだ6講座を開催しました。

【日時】 平成28年11月15日(火)から17日(木)
各日 13時30分 から 16時45分(1講座のみの受講も可能です。)
【場所】 埼玉県和光市南2-3-7
税務大学校和光校舎(案内図)
【受講料】 無料

【講座の内容】

時間 13時30分から15時00分(90分) 休憩 15時15分から16時45分(90分)
月日
11月 15日(火) 1 法人税のあらまし
−減価償却等の主要項目における改正について−

 

  • 1 法人税法の沿革・改正の経緯
  • 2 主な改正項目における留意点
  • (1) 税率
  • (2) 減価償却費
  • (3) 交際費
  • (4) その他
15分 2 タックスヘイブン、何が問題か

 

  • 1 パナマ文書の衝撃
  • 2 タックスヘイブンとは何か
    • ・タックスヘイブンの定義
    • ・タックスヘイブンにある金融資産
    • ・「税の透明性」に関する最近の動向
  • 3 我が国のCFC税制について
    • ・外国子会社合算税制の仕組み
    • ・制度趣旨の変遷
    • ・現行制度の概要
  • 4 BEPSプロジェクトにおける議論
    • ・行動3の背景・行動計画
    • ・2015年最終報告書の概要
  • 5 CFC税制改正の方向性について
講師 税務大学校
総合教育部教授 土田 真弘
土田 真弘
★(初級編)
講師 税務大学校
研究部教授 今村 宏嗣
今村 宏嗣
★★(中級編)
16日(水) 3 消費税のあらまし
−消費税法創設の背景から消費税の基本的な仕組み−

 

  • 1 消費税創設の背景
  • 2 消費税率と税収の推移
  • 3 消費税の使途
    • (1) 国・地方間の消費税収の配分
    • (2) 消費税の社会保障財源化
  • 4 消費税の性格
    • (1) 消費税の基本的な仕組み
    • (2) 課税対象等
  • 5 最近の主な改正事項
15分 4 資産の移転と課税の特例

 

  • 1 資産の譲渡の課税
  • 2 資産の譲渡に係る課税の特例
    • ・固定資産の交換
    • ・事業用資産の買換え
    • ・居住用財産の買換え
    • ・収用資産の買換え
  • 3 課税の特例の趣旨
  • 4 資産の移転に係る課税の取扱いの日米比較
    • ・相続、贈与による資産の移転
    • ・出資による資産の移転
    • ・上記以外による資産の移転
  • 5 課税繰延べの理論
    • ・実現と認識
    • ・実現所得の認識・計上の繰延べ
講師 税務大学校
総合教育部教授 林 清貴
林 清貴
★(初級編)
講師 拓殖大学
商学部教授 阿部 雪子
阿部 雪子
★★(中級編)
17日(木) 5 少子高齢化を脱却するための税制改革の動向

 

  • 1 はじめに
  • 2 所得課税改革
    • (1) 低所得若年層を所得税制によりどのように支援するか。
    • (2) 老後に備える自助努力を所得税制によりどのように支援するか。
  • 3 資産課税改革
    • (1) 相続税の資産再分配機能をどのように利用するか。
    • (2) 高齢者世代の相互扶助を可能にする資産移転の方法はあるか。
  • 4 おわりに
15分 6 所得税法上の給与所得とは何か
−宝くじを現物給与でもらったら?−

 

  • 1 給与所得に対する課税
    • (1) 給与所得とは何か?
    • (2) 現物給与(フリンジ・ベネフィット)に対する課税
    • (3) 違法な給与に対する所得税法上の取扱い
  • 2 非課税とされる現物給与と課税される現物給与
    • (1) 従業員導管論、コンディション理論、使用者便宜の理論といった考え方
    • (2) 深夜勤務のタクシー代は給与所得か?
    • (3) 従業員が要望したトイレのウォシュレットの設置費用は給与所得か?
    • (4) 会社の野球部で使用するバットやグローブの支給は給与所得か?
    • (5) なぜ、通勤手当の非課税は一定の距離の範囲内に限定されているのか?
  • 3 給与所得課税を巡る金額確定の困難性
    • (1) ストック・オプションに係る権利行使益
    • (2) 宝くじによる現物給与
  • 4 給与所得課税の今後の展望
    • (1) 雇用形態の多様化
    • (2) 源泉徴収制度の課題
    • (3) 節税商品のもたらす問題
講師 横浜国立大学大学院
教授 岩さき 政明
岩サキ 政明

★★★(上級編)

講師 中央大学
商学部教授 酒井 克彦
酒井 克彦
★★(中級編)

※ ★の数が多いほど、専門度合が高くなります。

 【開催状況】
公開講座開催実績(過去における開催状況及び講座内容)