ここから本文です。

ホーム税務大学校研修>通信研修

通信研修

 職務の遂行に必要な会計学や国際課税分野、審理分野の知識の習得や、語学に関する能力の養成を目的として通信制で実施する研修で、課題の添削指導のほか、必要に応じて数日間のスクーリング(面接授業)を実施しています。

会計学

 税務の執行に必要な会計学(簿記論・財務諸表論)に関する高度な専門的知識の習得を目的として実施しています。

税務会計

 税務行政の企画立案に必要な会計学に関する専門的知識の習得を目的として実施しています。

国際課税12

 税務署の国税調査(徴収)官に必要とされる国際課税の分野に関する知識の習得を目的として実施しています。

審理12

 税務署の国税調査(徴収)官に必要とされる審理の分野に関する知識の習得を目的として実施しています。

窓口英語12

 税務署における窓口対応や申告納税相談等が可能な程度の英会話能力の養成を目的として実施しています。

韓国語1

 税務署における調査等に活用できる韓国語に関する基礎的な読解力の養成を目的として実施しています。

中国語1

 税務署における調査等に活用できる中国語に関する基礎的な読解力の養成を目的として実施しています。