ここから本文です。

ホーム税務大学校研究活動税大論叢(57号〜59号)>論叢59号

相続・贈与に係る国際的二重課税
−外国税額控除の在り方を中心として−

 
小林 尚志

研究科第43期
研究員


目次    
はじめに …………………………… 715
1 研究の背景 …………………………… 715
2 問題の所在 …………………………… 716
3 研究の目的 …………………………… 716
4 本稿の構成 …………………………… 717
第1章 相続・贈与に係る国際的二重課税の発生原因 …………………………… 720
第1節 国際的二重課税の発生原因とその態様 …………………………… 720
1 相続・贈与に係る国際的二重課税の発生原因 …………………………… 720
2 課税管轄 …………………………… 722
3 相続課税及び贈与課税の課税根拠及び課税方式 …………………………… 725
(1)相続課税及び贈与課税の課税根拠 …………………………… 725
(2)相続課税及び贈与課税の課税方式 …………………………… 727
4 国際的二重課税の態様 …………………………… 729
第2節 相続税法における課税権の配分原則 …………………………… 730
1 相続税法における納税義務者 …………………………… 730
(1)相続税法の規定 …………………………… 731
(2)所得税法の規定 …………………………… 732
(3)相続税法と所得税法との納税義務者の差異 …………………………… 733
2 相続税法における住所地の判定 …………………………… 734
(1)借用概念と固有概念 …………………………… 735
(2)住所地の判定 …………………………… 737
(3)国外の住所地概念に関する検討 …………………………… 741
(4)小括 …………………………… 743
3 相続税法における財産所在地の判定 …………………………… 744
(1)現行の相続税法の規定 …………………………… 745
(2)財産所在地の検討 …………………………… 746
第2章 相続税法における国際的二重課税の調整 …………………………… 748
第1節 国際的二重課税を調整する必要性 …………………………… 748
第2節 国際的二重課税の調整方法 …………………………… 749
第3節 外国税額控除制度の概要 …………………………… 751
1 外国税額控除制度の沿革 …………………………… 751
2 現行相続税法における外国税額控除の位置づけ …………………………… 752
3 相続税法における外国税額控除の特徴 …………………………… 755
(1)外国税額控除法の採用 …………………………… 755
(2)一括限度額計算方式 …………………………… 756
第4節 外国税額控除の対象となる租税 …………………………… 756
1 外国税額控除の対象となる相続・贈与に係る外国の租税 …………………………… 756
2 外国税額控除の対象となる外国法人税及び外国所得税 …………………………… 760
第3章 租税条約による国際的二重課税の調整 …………………………… 763
第1節 日米相続税条約による国際的二重課税の調整 …………………………… 763
1 日米相続税条約の目的 …………………………… 763
(1)租税条約と国内租税法の関係 …………………………… 763
(2)日米相続税条約の目的 …………………………… 765
2 日米相続税条約の特徴 …………………………… 766
3 日米相続税条約における国際的二重課税の調整 …………………………… 770
4 国内法による外国税額控除との関係 …………………………… 772
第2節 モデル条約による国際的二重課税の調整 …………………………… 773
1 アメリカモデル相続税条約とOECDモデル相続税条約の概要 …………………………… 773
2 住所地の判定 …………………………… 775
3 課税財産の範囲の判定 …………………………… 776
4 モデル相続税条約における国際的二重課税の調整 …………………………… 777
(1)アメリカモデル相続税条約 …………………………… 778
(2)OECDモデル相続税条約 …………………………… 779
第4章 主要各国における国際的二重課税の調整 …………………………… 784
第1節 アメリカ …………………………… 784
1 税制の概要 …………………………… 784
2 アメリカの外国税額控除制度 …………………………… 786
3 遺産税廃止による所得課税への影響 …………………………… 786
4 アメリカが締結している租税条約 …………………………… 789
第2節 ドイツ …………………………… 790
1 税制の概要 …………………………… 790
2 ドイツの外国税額控除制度 …………………………… 791
3 ドイツが締結している租税条約 …………………………… 792
第3節 イギリス …………………………… 793
1 税制の概要 …………………………… 793
2 イギリスの外国税額控除制度 …………………………… 796
3 イギリスが締結している租税条約 …………………………… 797
第4節 韓国 …………………………… 797
1 税制の概要 …………………………… 797
2 韓国の外国納付税額控除制度 …………………………… 799
第5章 外国税額控除の問題点と在り方 …………………………… 800
第1節 国内法における外国税額控除 …………………………… 800
1 我が国の外国税額控除の問題点 …………………………… 800
2 外国税額控除の対象とする「相続税に相当する税」及び「贈与税に相当する税」 …………………………… 802
(1)借用する私法上の概念の解釈 …………………………… 802
(2)相続の同質性判断 …………………………… 803
(3)「相続税に相当する税」及び「贈与税に相当する税」の意義 …………………………… 805
(4)外国税額控除の対象とする租税の範囲 …………………………… 809
3 他税目間との二重課税調整の必要性 …………………………… 811
(1)相続税及び贈与税と所得税の二重課税 …………………………… 811
(2)相続税及び贈与税と譲渡所得課税の二重課税 …………………………… 814
(3)相続税及び贈与税とその他税目の二重課税 …………………………… 819
4 みなし譲渡課税との関係 …………………………… 821
(1)カナダの遺産税、相続税及び贈与税廃止とみなし譲渡課税制度の導入 …………………………… 821
(2)みなし譲渡課税とアメリカの遺産税 …………………………… 822
(3)みなし譲渡課税と我が国の相続税法における外国税額控除の適用 …………………………… 825
(4)みなし譲渡課税と我が国の相続税法における債務控除の適用 …………………………… 826
5 外国税額控除の限度額計算 …………………………… 827
(1)法人税法及び所得税法の規定 …………………………… 827
(2)相続税法における外国税額控除限度額の計算 …………………………… 828
6 外国税額控除に関する要件の整備 …………………………… 829
第2節 租税条約における外国税額控除 …………………………… 830
1 日米相続税条約における問題点 …………………………… 830
2 租税条約締結に際して留意すべき事項 …………………………… 831
第3節 結語 …………………………… 834
おわりに …………………………… 838

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

論叢本文(PDF)・・・・・・724KB