ここから本文です。

ホーム税務大学校研究活動税大論叢(31号〜34号)>論叢33号

国際倒産における外国租税債権徴収の法的な課題について
−外資系企業の撤退と内国租税債権徴収に関する検討を通じて−

 
野一色 直人

国税庁
徴収部徴収課


目次

1.はじめに …………………………… 359
2.外資系企業の進出形態の分類と課税について …………………………… 361
 1.支店等、国内に営業所を有する場合の課税 …………………………… 361
 2.匿名組合における課税 …………………………… 362
 3.任意組合における課税 …………………………… 365
 4.中小企業等投資事業有限責任組合における課税 …………………………… 371
 5.パートナーシップ形式における課税 …………………………… 373
3.進出形態の破産等の態様について …………………………… 388
 1.支店等、国内の営業所における破産 …………………………… 388
 2.匿名組合における破産 …………………………… 392
 3.任意組合における破産 …………………………… 395
 4.中小企業等投資事業有限責任組合における破産 …………………………… 398
 5.パートナーシップにおける破産 …………………………… 400
 6.まとめ …………………………… 403
4.外国破産手続きにおける外国租税債権の取扱いについて …………………………… 410
 1.米国における外国租税債権判決の執行に関して …………………………… 411
 2.日米租税条約27条(徴収共助規定の利用)について …………………………… 413
 3.米国破産手続きにおける外国租税債権の扱いについて …………………………… 413
5.国際倒産に対応した法的枠組みの模索 …………………………… 424
 1.各国国内法の改革について …………………………… 425
 2.破産条約について …………………………… 428
6.総括 …………………………… 443
 1.法的枠組みの選択について …………………………… 443
 2.私案 …………………………… 446

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

論叢本文(PDF)・・・・・・3.19MB