ここから本文です。

ホーム税務大学校研究活動税大論叢(31号〜34号)>論叢32号

ゴルフ会員権を巡る法人課税上の諸問題

 
舩冨 康次

研究科第33期
研究員


目次

はじめに …………………………… 229
第1章 ゴルフ会員権とは何か …………………………… 231
 第1節 会員制ゴルフクラブの現況と特色 …………………………… 231
  1 わが国における会員制ゴルフクラブの現況 …………………………… 231
  2 会員制ゴルフクラブの形成過程とその実態 …………………………… 232
   (1) 社団法人制ゴルフクラブ …………………………… 232
   (2) 株主会員制ゴルフクラブ …………………………… 233
   (3) 預託金制ゴルフクラブ …………………………… 234
 第2節 判例・租税法がとらえるゴルフ会員権の意義 …………………………… 235
  1 民事上の判例にみるゴルフ会員権の法的性格 …………………………… 235
  2 租税法令・通達が規定するゴルフ会員権の意義 …………………………… 238
   (1) 所得税に関する法令・通達上の規定 …………………………… 238
   (2) 法人税に関する法令・通達上の規定 …………………………… 241
第2章 ゴルフ会員権の内容 …………………………… 247
 第1節 施設利用権 …………………………… 247
  1 施設利用権の法的性格 …………………………… 247
  2 施設利用権の具体的内容 …………………………… 249
  3 施設利用権の範囲 …………………………… 251
 第2節 施設利用権と預託金返還請求権の関係 …………………………… 253
  1 預託金返還請求権とは何か …………………………… 253
  2 施設利用権と預託金返還請求権の一体性と資産価値 …………………………… 254
   (1) ゴルフ会員権として売買されているものは何か …………………………… 254
   (2) 施設利用権と預託金返還請求権の一体性と資産価値 …………………………… 259
第3章 ゴルフ会員権に対する評価損の計上 …………………………… 263
 第1節 問題点の整理 …………………………… 263
 第2節 ゴルフ会員権に対する評価損計上の可否 …………………………… 264
  1 ゴルフ会員権の資産区分 …………………………… 264
  2 固定資産の評価損に関する法人税法上の取扱い …………………………… 266
  3 評価損計上の可能性の有無 …………………………… 267
  4 取引の擬制による含み損計上の可否 …………………………… 269
 第3節 株主会員制ゴルフクラブの会員権に対する評価損計上の可否 …………………………… 270
第4章 貸倒損失の計上又は貸倒引当金の設定 …………………………… 274
 第1節 問題点の整理 …………………………… 274
 第2節 法令・通達上の取扱い …………………………… 275
  1 貸倒損失の計上 …………………………… 275
  2 貸倒引当金の設定 …………………………… 277
 第3節 ゴルフ会員権が金銭債権と認識される場合 …………………………… 278
  1 据置期間経過後の契約の解除による場合 …………………………… 278
  2 据置期間経過前の契約の解除による場合 …………………………… 279
 第4節 預託金の一部切捨て等があった場合の取扱い …………………………… 280
  1 預託金の一部切捨て等があった場合の会員契約の帰趨 …………………………… 280
   (1) 会社更生法の規定による更生計画の認可決定があった場合 …………………………… 281
    イ 会社更生手続の概要 …………………………… 281
    ロ 会員契約の帰趨 …………………………… 282
   (2) 和議法の規定による和議(強制和議を含む)の決定があった場合 …………………………… 284
    イ 和議手続の概要 …………………………… 284
    口 会員契約の帰趨 …………………………… 284
   (3) 商法の規定による整理計画の認可及び再建型の私的整理の場合 …………………………… 285
    イ 制度の概要 …………………………… 285
    ロ 会員契約の帰趨 …………………………… 285
  2 会員契約が解除されない場合の預託金の一部切捨ての意味 …………………………… 286
   (1) 将来の切捨てを約束したに過ぎないとみる考え方 …………………………… 286
   (2) 確定的な債権の消滅ととらえる考え方 …………………………… 287
   (3) 結論 …………………………… 288
 第5節 総括 …………………………… 289
  1 ゴルフ会員権に対する貸倒損失の計上 …………………………… 289
  2 ゴルフ会員権に対する貸倒引当金の設定 …………………………… 290
第5章 会員権の分割を巡る法人課税上の諸問題 …………………………… 292
 第1節 問題点の整理 …………………………… 292
  1 会員権の分割とは何か …………………………… 292
  2 会員権の分割によって生じる問題点 …………………………… 294
 第2節 会員権分割の形態 …………………………… 294
 第3節 会員権分割の意義 …………………………… 296
 第4節 新たに付与された会員権の評価と損益の計上 …………………………… 298
  1 会員権が単に何口かに分割された場合 …………………………… 299
  2 会員権が何口かに分割され、併せて一部金銭等が交付された場合 …………………………… 300
   (1) 金銭が交付された場合 …………………………… 300
   (2) 系列ゴルフクラブの会員権が付与された場合 …………………………… 301
  3 会員権の分割に伴って預託金の総額が増減した場合 …………………………… 302
おわりに …………………………… 305

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

論叢本文(PDF)・・・・・・2.51MB