ここから本文です。

ホーム税務大学校研究活動税大論叢(26号〜30号)>論叢29号

ストック・オプション報酬制度を巡る課税問題について

 
岡本 勝秀

税務大学校
研究部教授


目次

第1章 序論 …………………………… 103
  1 問題の所在 …………………………… 103
  2 米国経営者の受ける報酬とストック・オプション …………………………… 104
  3 我が国におけるインセンティブ報酬の事例 …………………………… 107
第2章 我が国におけるストック・オプション制度 …………………………… 110
 第1節 新規事業法の改正の背景等とその内容 …………………………… 110
  1 新規事業法の改正の背景等 …………………………… 110
  2 新規事業法のストック・オプション制度の内容 …………………………… 112
 第2節 措置法29条の2の創設の経緯とその内容等 …………………………… 119
  1 措置法29条の2の創設の経緯 …………………………… 119
  2 措置法29条の2の特例の内容 …………………………… 120
 第3節 疑似ストック・オプション制度と税務上の取扱い …………………………… 125
  1 疑似ストック・オプション制度の概要 …………………………… 125
  2 ワラント方式 …………………………… 125
  3 大株主拠出方式 …………………………… 129
 第4節 平成9年商法改正によるストック・オプション制度 …………………………… 133
  1 平成9年商法改正の経緯等 …………………………… 133
  2 ストック・オプション制度の方式 …………………………… 134
  3 商法改正によるストック・オプション制度と新規事業法等によるストック・オプション制度の関係 …………………………… 138
  4 商法改正に対する問題点の指摘 …………………………… 138
  5 その他の法的問題点 …………………………… 140
第3章 諸外国におけるストック・オプション制度 …………………………… 146
 第1節 米国における優遇措置の内容 …………………………… 146
  1 税制上の取扱いの沿革 …………………………… 146
  2 奨励型ストック・オプション …………………………… 152
  3 従業員株式購入プランの税務上の取扱い …………………………… 154
 第2節 米国におけるその他の制度に対する税務上の取扱い …………………………… 156
  1 非適格ストック・オプション …………………………… 156
  2 SAR(株式評価益権) …………………………… 157
  3 譲渡制限付株式 …………………………… 158
  4 ファントム・ストック(仮想株式) …………………………… 159
  5 業績連動型等 …………………………… 160
  6 ESOP(従業員持株制度) …………………………… 162
 第3節 英、仏における税務上の取扱い …………………………… 164
  1 英国の取扱い …………………………… 164
  2 仏国の取扱い …………………………… 167
第4章 ストック・オプション等の課税関係 …………………………… 169
 第1節 ストック・オプションを取得した役員等の課税関係 …………………………… 169
  1 適格型ストック・オプション …………………………… 169
  2 非適格型ストック・オプション …………………………… 171
  3 ワラント方式 …………………………… 173
  4 自己株式方式 …………………………… 174
 第2節 ストック・オプション付与法人の課税関係 …………………………… 176
  1 適格型ストック・オプション …………………………… 176
  2 非適格型ストック・オプション …………………………… 178
  3 ワラント方式 …………………………… 180
  4 自己株式方式 …………………………… 180
 第3節 新株引受等権の評価方法 …………………………… 183
  1 所得税における新株等を取得する権利の価額の取扱い …………………………… 183
  2 法人税における「気配相場のない株式」の価額の取扱い …………………………… 184
  3 「財産評価基本通達」による取引相場のない株式の評価方法 …………………………… 186
  4 日本公認会計士協会「株式等鑑定評価マニュアル」 …………………………… 188
  5 評価方法の総括 …………………………… 189
第5章 まとめ …………………………… 191
  1 まとめに当たって …………………………… 191
  2 適格型ストック・オプションの要件 …………………………… 192
  3 付与された役員等に対する課税制度のあり方 …………………………… 194
  4 付与法人の損金算入の問題 …………………………… 197

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobeのダウンロードサイトからダウンロードしてください。

論叢本文(PDF)・・・・・・2.52MB