ここから本文です。

ホーム名古屋国税局報道発表資料(プレスリリース)目次>平成22年分の相続税の申告の状況について

平成24年4月
名古屋国税局

平成22年分の相続税の申告の状況について

 平成22年中(平成22年1月1日〜平成22年12月31日)に亡くなった人(被相続人)から、相続や遺贈などにより財産を取得した人に係る申告事績(注)の概要は次のとおりです。

(注)相続税額のある申告書で、平成23年10月31日までに提出されたもの及び震災特例法により申告期限が延長され平成24年1月11日までに提出されたものを集計しています。

  1. 1 被相続人数及び課税割合
  2. 2 相続税の課税価格及び税額
  3. 3 相続財産の金額の構成比

【別表】

相続税の申告事績

1 被相続人数及び課税割合

 被相続人数は133,808人(前年126,390人)、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は7,808人(前年7,348人)で、課税割合は5.8%(前年5.8%)となっています。

被相続人数の推移

平成7年分から平成22年分の被相続人数及び相続税の課税対象となった被相続人数の推移を表したグラフ

課税割合の推移 ※2年連続で最低水準

平成7年分から平成22年分の相続税の課税割合の推移を表したグラフ

2 相続税の課税価格及び税額

 相続税の課税価格は1兆4,907億円(前年1兆4,717億円)、これを被相続人1人当たりでみると、1億9,092万円(前年2億29万円)となっています。
 税額は1,351億円(前年1,413億円)、これを被相続人1人当たりでみると、1,730万円(前年1,923万円)となっています。

平成13年分から平成22年分の相続税の課税価格及び税額の推移を表したグラフ

※ 課税価格:相続財産価額から被相続人の債務・葬儀費用を控除し、相続開始前3年以内の被相続人から相続人等への生前贈与財産価額及び相続時精算課税適用財産価額を加えた相続税の税額計算の基礎となるもの。

3 相続財産の金額の構成比

 相続財産の金額は1兆6,239億円で、その構成比は土地が51.3%(前年51.2%)、現金・預貯金等21.2%(前年21.0%)、有価証券11.5%(前年12.4%)の順となっています。

平成13年分から平成22年分の相続税相続財産ごとの金額の構成比の推移を表したグラフ