ここから本文です。

ホーム熊本国税局お酒に関する情報>平成21年酒類鑑評会結果

平成21年酒類鑑評会結果

1 酒類鑑評会の趣旨

酒類の製造技術の進歩・発展を促し、市販酒の品質向上を図ることを目的とし、平成20酒造年度に管内で製造された清酒及び本格しょうちゅう(ただし、甘しょ以外を原料に使用した本格しょうちゅうは、平成20年1月から6月に製造したものも含める。)の品質の調査研究を行い、今後の製造技術の参考とするとともに、審査成績が優秀であった酒類及び杜氏等その製造責任者に対して表彰状を授与し、その事績を顕彰するものです。

2 出品及び入賞状況

(1)清酒の部 清酒の部入賞者名簿

  熊本酵母吟醸酒 その他の吟醸酒 合計
出品場数 19 7 26
入賞場数 7 3 10

(2)本格しょうちゅうの部 本格しょうちゅうの部入賞者名簿

県名等 原料名 合計
甘しょ そば 黒糖 その他
熊本 出品場数 6 24 7 1 2 40
入賞場数 1 13 3 1 18
大分 出品場数 2 2 20 1 2 27
入賞場数 1 12 13
宮崎 出品場数 26 8 16 6 3 59
入賞場数 10 1 6 3 1 21
鹿児島 出品場数 80 9 19 1 24 1 134
入賞場数 35 3 5 1 11 1 56
全管 出品場数 114 43 62 9 24 8 260
入賞場数 46 18 26 4 11 3 108

3 本年鑑評会の特徴

(1)清酒

熊本酵母で造られた吟醸酒は、食中酒にふさわしいまろやかな味わいがあり、熊本酵母以外で造られた吟醸酒は、吟醸香が高く、それぞれの特徴がでたレベルの高い出品酒でした。

(2)本格しょうちゅう

本格しょうちゅうの特徴である原料特性に優れ、旨味と香りが上手に調和したレベルの高い出品酒でした。各製造場で独自技術を駆使した個性化も進んでおり、消費者のし好の多様化にも対応していることが伺えます。

 

本格しょうちゅう出品状況(県別・原料別出品点数)

原料別の本格焼酎出品点数を県別に表した図

3 入賞者名簿


平成20年酒類鑑評会結果へ