ここから本文です。

ホーム活動報告・発表・統計ご意見・ご要望に対する取組平成25年度分のうち主な取組

平成25年度分のうち主な取組

 皆様からお寄せいただきましたご意見・ご要望に係る平成25年度の主な取組状況を掲載しています。

〔項目〕

書類の様式・記載要領

寄せられたご意見・ご要望等 国税庁の取組
 申告書作成コーナーで作成した申告において生命保険料控除、損害保険料控除を源泉徴収票のフォーム及び入力画面の源泉徴収に記載されている金額欄から入力を行うと第2表に記載されるのはすべて「源泉徴収票のとおり」と印字される。詳細が不明だと住民税の課税に影響が出るため、改善していただきたい。  平成24年分及び平成25年分について、支払金額を印字するようにシステム修正を行う予定です。
 申告書作成コーナーにおいて、確定申告書第2表の住民税・事業税に関する事項の徴収方法の選択欄の丸印が見分けづらい。  徴収方法の選択をしていない場合について、破線を削除するシステム修正を行う予定です。
 納税証明書の取得において、国税庁ホームページに「委任状」の様式が掲載してあるが、「委任状」に委任者の押印が必要なのであれば、氏名記入欄の最後に「印」の印字をすべきではないか。  いただきましたご意見を踏まえ、「委任状」様式の修正を行いました。
 国税庁ホームページの「租税条約に関する届出書」様式にはホームフィールドが設定されているものがあるが、入力可能文字数が少ないので増やしてほしい。  いただきましたご意見につきましては、平成26年3月に入力可能文字数の改善措置をとっております。

広報・情報提供

寄せられたご意見・ご要望等 国税庁の取組
 国税モニターアンケートの内容について、抽象的な質問や専門的な質問が多く1時間以上要して回答しているのが現状である。そのように質問に対し詳細に記載しているつもりだが、せっかく時間をかけて記載した事項について、どのように税務行政に反映されているか不明であり、記載しなくても変わらないのであれば、時間をかけて回答する必要性に疑問を感じている。アンケートを実施した場合は、その集計結果や意見に基づき対応した事項について、国税モニターアンケート結果として、ホームページに公表してはどうか。  国税モニターアンケートについては、平成25年度から簡易なアンケート内容に変更しています。
 アンケート結果等については、財務省ホームページに掲載している「国税庁が達成すべき目標に対する実績の評価書」において主たる質問への回答結果を公表しております。
 国税庁ホームページの、路線価図及び評価倍率表について、スマートフォンでは、Windows搭載のパソコンのように全体を確認することができないので、改善していただきたい。  平成25年分から、路線価図及び評価倍率表については、「携帯端末機用(スマートフォン等)」というボタンを設置し、スマートフォンでも路線価図及び評価倍率表をご覧いただけるようにしました。
 なお、機種及びご利用環境等によっては正しくご覧いただけない場合がありますのでご了承ください。
 スマートフォンを使用した署外会場誘導の方法を考えるべきである。  スマートフォンを活用した署外会場の誘導方法につきましては、平成25年12月に開設した携帯電話・スマートフォン等用のホームページで対応しました。
 租税教室の講師を行う際に、税務署から租税教室用のDVDを借りているが、消費税の税率も変わることから、新作を作成してほしい。  平成26年3月に中学生向け租税教育用番組「暮らしを支える税を学ぼう」を新たに制作し、国税庁ホームページで配信するほか、DVD等を製作し税務署等に配備しています。
 なお、今後も効果的な租税教室実施のため、租税教育用番組の充実を図っていきたいと考えています。