ここから本文です。

ホーム活動報告・発表・統計審議会・研究会等【第4回酒類販売業等に関する懇談会】 説明資料>2000年度未成年者の喫煙および飲酒行動に関する全国調査報告書(概要)

平成12年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業
「未成年者の喫煙および飲酒行動に関する全国調査」研究班

2000年度未成年者の喫煙および飲酒行動に関する全国調査報告書(概要)

(問い合わせ先)
国立療養所久里浜病院 鈴木健二
TEL:0468−48−1550

鳥取大学医学部衛生学 尾崎米厚
TEL:0859−34−8024

平成12年度厚生科学特別研究事業 「未成年者の喫煙および飲酒行動に関する全国調査」概要

1. 調査目的

 平成8年度の同調査に引き続き、全国の中・高校生の喫煙および飲酒行動の実態およびその関連要因を明らかにし、未成年者の喫煙および飲酒対策をさらに推進するための基礎資料とする。

2. 調査対象

 平成12年全国学校総覧より抽出した中学校132校、高等学校102校宛に調査票を送付し、このうち中学校99校および高等学校77校から調査の協力が得られた。有効回答数は106,297通であり、これを解析の対象とした。

3. 調査方法

 本調査の時期は、平成12年12月から13年1月末までであった(平成8年度の同調査:平成8年12月から9年1月末まで。)
 調査方法は前回の調査と同様、調査対象校に、協力依頼とともに調査票を送付した。調査の協力が得られた学校においては、各担任より生徒に調査票が配布され、生徒が自記式無記名で記入後、糊付き封筒に入れた。教師は、これを回収し、未開封のまま国立公衆衛生院宛に調査票を返送した

4. 結果概要

(1)調査票回収状況及び有効回答率

 中学校の協力校数は99校で学校としての協力率75%、有効回答数は47,246通、協力校の生徒協力率は89.5%、調査対象者数の有効回答率は66.1%であった。高等学校の協力校数は77校で学校としての協力率75.5%、有効回答数は59,051通、協力校の生徒協力率は87.3%、調査対象者数の有効回答率は59.3%であった。

参考:平成8年および平成12年度調査の協力率

平成8年度調査における回収状況(平成8年全国学校総覧より抽出)

  全国学校総覧における全学校数 対象校数* 協力校数 学校としての協力率(%) 有効回答数 協力校の生徒協力率(%) 有効回答率(%)
中学校 11,274 122 80 65.5 42,798 99.3 64.1
高等学校 5,501 109 73 67.0 73,016 90.8 62.5

平成12年度調査における回収状況(平成12年全国学校総覧より抽出)

  全国学校総覧における全学校数 対象校数* 協力校数 学校としての協力率(%) 有効回答数 協力校の生徒協力率(%) 有効回答率(%)
中学校 11,220 132 99 75.0 47,246 89.5 66.1
高等学校 5,315 102 77 75.5 59,051 87.3 59.3

(2)飲酒状況

  1. 1)飲酒者の割合
     月1回以上の飲酒をする者の割合は、学年が上がるほど高く、男子では、中学1年で13.7%、高校3年で49.9%であり、女子では、中学1年で12.0%、高校3年で38.3%であった。平成12年調査においては、平成8年調査と比較し、女子の高校生において飲酒者の割合が高い傾向が認められた(グラフ1.参照)。また、週1回以上飲酒する者の割合は、男子では中学1年で3.9%、高校3年では17.0%であり、女子では中学1年で3.3%、高校3年では8.7%であった。
     さらに直近1ヶ月間の飲酒日数が1日以上の者の割合は、男子では、中学1年で24.5%、高校3年で53.5%であり、女子では、中学1年で22.8%、高校3年で45.1%であった。
  2. 2)飲酒量等
     飲酒量については、学年が高いほど、多量に飲酒する者の割合が高く、少量の飲酒をする者の割合が低かった。特につぶれるまで飲むと回答した者の割合は、高校3年の男子で9.1%(平成8年9.4%)、女子で3.5%(平成8年3.5%)であった。また、飲酒して失敗した経験として、高校3年男子のうち、「吐く」と回答した者は34.7%(平成8年33.9%)、「記憶が消える」と回答した者は16.8%(平成8年18.2%)であった。
  3. 3)酒の入手経路
     酒の主な入手経路を尋ねたところ、高校3年のうち、一度も飲んだことがないと回答した者は、男子で14.0%(平成8年11.3%)、女子で14.5%(平成8年11.2%)、コンビニエンスストア、スーパーマーケットと回答した者が男子で56.2%(平成8年54.5%)、女子で50.7%(平成8年53.1%)、家にある酒と回答した者が男子で44.9%(平成8年46.9%)、女子で47.6%(平成8年47.2%)、居酒屋と回答した者が男子で33.8%(平成8年36.0%)、女子で32.7%(平成8年47.2%)、酒屋と回答した者が、男子で28.4%(平成8年32.6%)、女子で18.6%(平成8年25.6%)、自動販売機と回答した者が男子で20.6%(平成8年31.9%)、女子で9.7%(平成8年18.8%)であった。(複数回答可)

グラフ1.中学校生,高校生飲酒率比較(平成8年および12年)
男子

中学校生、高校生飲酒率比較(平成8年および12年)のグラフ 男子
 

月飲酒者(月に1日以上飲酒している(毎日を除く)) 

 

毎日飲酒者  

女子

中学校生、高校生飲酒率比較(平成8年および12年)のグラフ 女子
 

月飲酒者(月に1日以上飲酒している(毎日を除く))  

 

毎日飲酒者