ここから本文です。

ホーム活動報告・発表・統計審議会・研究会等第2回 酒類分科会 説明資料>酒類小売業を中心とした酒類業等の現状と課題

酒類小売業を中心とした酒類業等の現状と課題

酒類販売業等に関する懇談会 平成14年9月6日

「酒類販売業等に関する懇談会」メンバー

  • (座長)奥村洋彦 学習院大学経済学部教授
  • 跡田直澄 慶應義塾大学商学部教授
  • 井岸松根 社団法人日本加工食品卸協会専務理事
  • 宇賀克也 東京大学法学部教授
  • 岡本 勝 広島大学総合科学部教授
  • 神崎宣武 民俗学者
  • 須磨佳津江 キャスター
  • 田中利見 上智大学経済学部教授
  • 寺沢利雄 財団法人流通経済研究所専務理事
  • 本間千枝子 随筆家・前三鷹市教育委員会教育委員長
  • 水谷研治 中京大学教授
  • 御船美智子 お茶の水女子大学生活科学部教授
  • 山下友信 東京大学法学部教授

(敬称略)

目次

はじめに

1. 環境変化を踏まえた将来の酒類業の姿は

  1. (1) 酒類の4つの特性とその変化とは
  2. (2) 酒類を巡る変化(消費・供給・商品)について
  3. (3) 酒類業の特性とは
  4. (4) 酒類業のあるべき姿について
  5. (5) 国税庁等における酒類行政の運営体制の整備

2. これまでの規制緩和等の評価について

  1. (1) 新規参入による消費者アクセスの増加、市場の活性化
  2. (2) 公正取引問題、未成年者飲酒問題への取組みの推進
  3. (3) 評価と今後の課題

3. 酒類小売業に関わる今後必要な手当て等について

  1. (1) 消費者の利便性の確保等の観点
  2. (2) 消費者ニーズ、情報の提供、飲酒教育等の観点
  3. (3) 公正取引の観点
  4. (4) 酒税確保の観点
  5. (5) 販売管理等の観点(8つの手当て)
  6. (6) 15年9月以降の酒類小売業に関するスキーム

4. 酒類(小売)業の健全な発達のための取組み

5. 終わりに