ここから本文です。

ホーム活動報告・発表・統計審議会・研究会等>望ましい電子申告制度の在り方について

望ましい電子申告制度の在り方について

平成12年4月19日

申告手続の電子化等に関する研究会 


「申告手続の電子化等に関する研究会」メンバー

  • 座長 水野 忠恒 一橋大学大学院法学研究科教授
  • 栗原 正明 東レ株式会社経理部主計課税務グループリーダー
  • 小室 裕一 自治省税務局企画課長
  • 篠原 滋子 株式会社現代情報研究所代表取締役所長
  • 田中 一志 日本税理士会連合会情報システム委員会副委員長
  • 利根川政明 利根川印刷株式会社代表取締役社長
  • 本庄 資 国士舘大学政経学部教授
  • 松本 勉 横浜国立大学大学院工学研究科助教授
  • 山根 一眞 ノンフィクション作家

(敬称略)


目次

  1. 第1 はじめに
  2. 第2 基本的な考え方
  3. 第3 個別の論点について
    1. 1 電子申告の対象税目
      1. (1) 基本的な考え方
      2. (2) 導入税目の優先順位
    2. 2 添付書類の取扱い
      1. (1) 問題の所在
      2. (2) 検討の視点
      3. (3) 電子申告における添付書類の取扱い
    3. 3 電子申告の方法
      1. (1) 問題の所在
      2. (2) 税務当局への接続方式
      3. (3) 納税者の直接申告
    4. 4 納税者等の認証とセキュリティの確保
      1. (1)問題の所在
      2. (2)電子申告を開始するための手続
      3. (3)納税者等の認証
      4. (4)セキュリティの確保
    5. 5 その他
      1. (1) 電子申告の提出時期
      2. (2) 電子申告の到達確認
      3. (3) 電子申告の導入に向けての環境整備等
  4. 第4 結び