ここから本文です。

ホーム関東信越国税局租税教育税に関する高校生の作文

税に関する高校生の作文

 国税庁では、毎年、全国の高等学校のご協力を得て「税に関する高校生の作文」の募集を行っています。
 これは、次代を担う高校生の皆さんが、学校教育の中で学習したことや自分自身の経験・体験などを通して、税について考えたことを作文の形で発表していただき、これを機会に税に対する関心を一層深めていただきたいという趣旨で、昭和37年度から毎年実施しているものです。
 平成29年度、関東信越国税局管内においては、256校から31,170編の作文が寄せられました。
 多くの応募の中から、関東信越国税局管内では、国税庁長官賞1名、関東信越国税局長賞5名の方々が受賞されました。
 受賞された方々は次のとおりです。

平成29年度「税に関する高校生の作文」優秀作品

国税庁長官賞 受賞者

署名 氏名 学校名 学年 題名
竜ケ崎 川島 夏実 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校 1 税金を知ること

関東信越国税局長賞 受賞者

署名 氏名 学校名 学年 題名
氏家 中荒井 李華 栃木県立馬頭高等学校 3 共に歩いていくため
館林 山村 紗菜 群馬県立太田女子高等学校 1 自覚
春日部 木村 柚稀 埼玉県立幸手桜高等学校 1 税金について考える
柏崎 坂井 智香 新潟県立柏崎翔洋中等教育学校 1 税のちから
伊那 丹羽 真美香 学校法人高松学園伊那西高等学校 2 税金がなかったら