ここから本文です。

ホーム関東信越国税局採用案内>採用担当職員から関東信越国税局を目指す皆さんへ

採用担当職員から関東信越国税局を目指す皆さんへ

ここでは、採用担当職員からの国税専門官の紹介及び平成27年4月に採用された若手職員へのインタビューを掲載しています。

採用担当職員から関東信越国税局を目指す皆さんへ


関東信越国税局で開催した業務説明会の様子

国税専門官とは?

国税専門官は、国税局や税務署において、適正な課税を維持し、国の財政基盤を支える租税収入を確保するため、「税のスペシャリスト」として日々仕事を行っています。
 その仕事内容は、幅広く、どの仕事もとてもやりがいがあり、日々自分の成長を実感できる職場です。


業務説明会での個別相談コーナーの様子

国税専門官の使命

「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」
(Respect among the honest , Fear among the dishonest)

国税庁の発足に重要な役割を果たしたハロルド・モス氏から国税庁に贈られたスローガンです。
 適正に申告している納税者からは税務行政に対する信頼を獲得し、反対に、悪質な納税者に対しては適正な調査を実施するという使命を胸に私たちは職務に励んでいます。

国税専門官に求められるもの

積極性・コミュニケーション能力・強い精神力

国税専門官の仕事は、皆さんが持っている公務員のイメージである「デスクワーク」ではなく、相手先等に出向いて業務を行う出張の多い仕事です。
 相手先等では、自らが主体となって仕事を進めていかなければならないため、あらゆる場面で積極性、コミュニケーション能力及び強い精神力が必要となります。


私たちが関東信越国税局の採用担当職員です。

採用担当職員から皆さんへのメッセージ

私たちが関東信越国税局で採用を担当しています。
 各地を飛び回って採用活動をしていますので、説明会などで見かけたら気軽に声を掛けてください。
 皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

平成27年4月採用者へのインタビュー

平成25年4月に採用された新人職員です

国税専門官を志望した理由は何ですか?

  • ・ 専門性の高い仕事であるため、仕事を通じて自分をスキルアップさせていくことができる。
  • ・ 自分の知識、自分が身に付けた能力を使って社会貢献できる。
  • ・ 公平、公正な課税・納税の実現を目指すことで、善良な納税者を守りたい。
  • ・ 説明会に参加し、職員の仕事に対する熱意に感銘を受けた。

第1次試験の勉強はどのようにしましたか?

基礎能力試験

  • ・ 数的推理、判断推理は同じ問題集を何度も解き、出題パターンを覚えた。
  • ・ 時事問題に対応するため、新聞に目を通した。
  • ・ 各分野の出題数を踏まえ、力を入れる分野を決めて勉強した。

専門試験(多肢選択式)

  • ・ 基本的な問題を繰り返し解いた上で、手の届く範囲で応用問題を解くようにした。
  • ・ 他の受験者との差をつけるために、会計学に力を入れた。
  • ・ 毎日全部の科目を解くように心掛けた。

専門試験(記述式)

  • ・ 当日の試験問題に応じて対応できるよう2科目勉強した。
  • ・ 要点をまとめ、それを基に実際に解答を作成し、記述問題に慣れるようにした。
  • ・ 2か月前から1日1題問題を解き、とにかく書いて覚えた。

第2次試験(面接)の対策はどのようにしましたか?

  • ・ 面接は自分の発表の場ではなく、いつもの自分で面接官と話す場だと思い、あえて対策は行わなかった。
  • ・ 面接官の質問をよく聞いて理解し、的確に答えられるように意識した。
  • ・ 質問に対して素直に答えられるよう心掛けた。

これから国税専門官採用試験を受験される皆さんへ

  • ・ 一次試験の勉強は大変だったが、努力した分、結果につながるので、まずは一次試験突破に向けて頑張って。
  • ・ 自分の進路について家族や友人に相談することは大切だが、最後に決めるのは自分自身だということを忘れないこと。
     後悔のないように。
  • ・ 研修制度が充実しているので、仕事についていけるかといった不安は不要である。
  • ・ 国税専門官の仕事は国の財政を支える非常に重要なものであり、自分の一生を捧げるにふさわしい仕事である。是非一緒に働こう。
  • ・ 国税専門官として働く自分を想像してモチベーションを上げよう。