ここから本文です。

ホーム金沢国税局採用案内税務職員になるには先輩職員からのメッセージ先輩職員からのメッセージ 税務職員(高校卒業程度)

先輩職員からのメッセージ 税務職員(高校卒業程度)

先輩職員からのメッセージトップページに戻る

※所属等は平成25年12月現在のものです。

税務職員(高校卒業程度) 平成23年採用者

小松 一斗
小松 一斗
平成23年採用
福井税務署
徴収部門

この職場に決めた理由

私は消防士に憧れて、高校卒業後、公務員専攻の専門学校に入りました。
 そこで公務員について調べていくうちに、税務署の仕事について知り、次第に興味を持つようになったのがきっかけです。

仕事上での夢、目標

いちばん近い先輩とはるか遠い先輩を目標とし、近い先輩には追い付け、追い越せるよう努力し、最終的に、遠い先輩のようになれたらいいと考えています。

プロフェッショナルとして、常に心がけている事

税のプロフェッショナルとして、単なる職員ではなく「職人」になれるよう心がけています。

小松 一斗

税務署のココがスゴイ

多種多様な業種の方と接するため、いろんな業種のことがわかるようになることです。

研修で学んだこと

採用から1年間の普通科研修では、同期生と共同生活を送ることで同じ目標をもった仲間がたくさんできました。同期生と協力し、高めあうことができ、充実した研修生活でした。

これから税務職員を目指す人へのメッセージ

国家財政を担うやりがいのある仕事です。税務の職場で一緒に働きましょう。

税務職員(高校卒業程度) 平成22年採用者

近岡 沙彩
梅本 達也
平成22年採用
金沢税務署
資産課税部門

職場の雰囲気はどのような感じですか

職場の雰囲気は一言でいえばアットホームな感じだと思います。税務の職場では専門的な知識を求められることが多く頭を抱えることが多々ありますが、先輩方が温かく丁寧に指導してくれます。また、失敗をしても必ずフォローしてくれるので失敗を恐れることなく前向きに仕事に取り組めています。

仕事上の夢・目標

今は多くの頼りになる上司や先輩に支えられながら仕事をしています。その上司や先輩に一日でも早く追いつくことが目標です。支えられる側ではなく、支える側として仕事ができるようになりたいです。

職場に入ってから、最も印象に残っている仕事は何ですか

先輩が同行した初めての調査です。多くの人生経験を積んでいる納税者の方と接し、適正な申告がなされているか確認する先輩の背中が今でもとても印象に残っています。
 その背中は、調査には知識、洞察力、経験、説得力、勘など様々な能力が必要だということを教えてくれたと思います。

近岡 沙彩

悩みや苦労 、またその対処法は

納税者の方からの税務相談に対して、私の知識不足から即答することができず、必要以上に待たせてしまったことです。そのときは上司や先輩の力を借りて、なんとか回答することができたのですが、自分自身の知識不足に情けない思いをしました。それからはできる限り時間を見つけて自己研さんに励むよう心掛けています。

これから税務職員を目指す人へのメッセージ

国税の職場は、税法だけでなく多種多様な知識を求められ、大変な面もありますが、その分努力することで自分自身成長することができ、やりがいを感じることのできる魅力的な職場だと思います。
 皆さんと一緒に働ける日を待っています。

税務職員(高校卒業程度) 平成19年採用者

梶 麻紀子
梶 麻紀子
平成19年採用
富山税務署
個人課税部門

この職場に決めた理由

学生の時、税務署見学に来て税務の仕事に興味をもちました。その後、税務の職場を調べるにつれ、採用後の研修制度や福利厚生面がとても充実しており働きやすい環境である点に魅力を感じてこの職場を志望しました。

現在はどのような仕事をしていますか

現在、個人で事業をされている方の所得税及び消費税に関する税務調査等を担当する部門に所属しています。確定申告の時期には、様々な職種の方と会話をする機会があり、申告相談を受けると同時に勉強になることも多くあります。幅広い知識が必要となり苦労も多いですが、勉強しながら充実した毎日を過ごしています。

職場の雰囲気はどのような感じですか

最初は堅い、厳しいというイメージがありましたが、実際に職場で勤務してみると明るく風通しの良い職場であり、仕事の上で困ったことや分からないことがあった場合には、経験・知識が豊富な上司や先輩方にやさしく的確に指導していただいています。

梶 麻紀子

研修について

採用後、1年間、同期生と寮生活を送りながら、税法をはじめとする法律など様々な分野を学びます。初めての集団生活や、法律などの勉強に苦労も多くありましたが、同期生と切磋琢磨し勉強面、生活面ともに、他では味わえない充実した濃い1年を過ごすことができました。

これから税務職員を目指す人へのメッセージ

税務の職場は、採用後の研修制度、若手育成がとても充実しており、恵まれた環境の中で仕事をすることができます。専門的な知識も必要ですが、日々の仕事の中からも専門的な知識以外の雑学・社会常識など多くの知識・情報を身につけることができる職場です。


吉江 元希
吉江 元希
平成19年採用
富山税務署
管理運営部門

職場の雰囲気はどのような感じですか

税務署は近寄り難い印象があり、そうした職場に馴染めるのか、不安もありましたが、実際は公私ともに何でも相談できる、頼れる上司・先輩方ばかりでした。新人職員に対しては、特に丁寧に指導してもらえますし、例え失敗しても必ずフォローしてもらえる環境が整っており、困難な仕事にも積極的にチャレンジできる職場の雰囲気だと感じています。

プロフェッショナルとして、常に心がけている事

税務の仕事には、幅広い知識が求められます。
 しかし、現在従事している税務相談へは税に精通した方ばかりが来られるのではありません。このような方々に対してどういった言葉・表現に置き換えればより理解を得られるか、という点には常に気を付けています。

職場に入ってから、最も印象に残っている仕事

徴収事務で経験した差押え・捜索です。徴収職員には強力な権限が与えられていると同時にその行使には大きな責任が伴うことを実感しました。

吉江 元希

税務署のここがスゴイ

税務署では様々な職種、年齢の方と接します。そのため、多種多様な分野への見識が広まり、自分自身の成長へとつながります。常に新たな出会いと発見のある職場であることは大きな魅力です。

これから税務職員を目指す人へのメッセージ

税務の職場は「一生勉強」と思えるほどに様々な知識が必要です。自己研鑽も必要です。日々、色々な方と出会っていく中で、自分の未熟さを思い知らされることも少なくありませんが、そこには自分に足りないものが必ずあります。こうした発見を繰り返していくうちに、自分自身の成長を実感することができます。
 自らを磨きながら、人と出会い、成長していくことができる。この魅力ある税務の職場で皆さんと働ける日を楽しみにしています。

税務職員(高校卒業程度) 平成18年採用者

山福 美香
山福 美香
平成18年採用
金沢税務署
管理運営部門

この職場に決めた理由

公務員という仕事を選んだ理由は、単純ですが両親に苦労をかけたくないという気持ちからでした。公務員の中にも職種はいくつかありますが、その中でも国の財政の基盤となる税金を扱う税務の仕事に魅力を感じました。それは、大きなやりがいと強い責任感を持って働けると考えたからです。

悩みや苦労、失敗から立ち直る方法

私は、悩んだり失敗をしたときに、誰かに話を聞いてもらうと気持ちが軽くなります。職場では、上司や周りの方とも話しやすい環境ですし、仲の良い先輩や同僚の人たちと食事や飲み会に行くことで気分転換をしています。この職場は、このような周りの方との交流を多く持てるので1人で悩みなどを抱え込むことなく働けると思います。

山福 美香

仕事と家庭の両立について

私には小さな子供が2人います。仕事と家庭の両立は大変ですが、職場には働く親の助けとなる制度がいくつもあり、周りの方々の理解や協力もあります。
 また、自分の支えとなる家族の存在が仕事への励みにつながっています。反対に、仕事の時間があるからこそ、家族との時間の大切さを実感し、毎日を充実して過ごせています。

これから税務職員を目指す人へのメッセージ

税務の職場は、税法が毎年変わり、それに合わせて勉強が常に必要となります。大変ではありますが、やる気を持って臨む姿勢があれば周りの方々もサポートしてくれます。得た知識は自分の成長の糧になるので、やりがいを持って働けます。
 女性職員も多く、子育てをしながらでも働きやすい職場です。皆さんと共に働ける日を待っています。