ここから本文です。

ホーム広島国税局お酒に関する情報平成28年度の酒類の消費状況について4-1 県別の消費数量の推移《鳥取県の消費数量の推移》

(注)

  1. 1 各表の係数は、単位未満を四捨五入しているため、合計が一致しない場合がある。
  2. 2 平成24年度から平成26年度の成人人口は、各年度9月2日時点の各県選挙管理委員会の選挙人名簿登録者数による。
  3. 3 平成27年度の成人人口は「平成27年国勢調査結果」(総務省統計局)、平成28年度の成人人口は「人口推計」(総務省統計局)による。
  4. 4 スピリッツ等には原料用アルコールを含み、その他の醸造酒等には粉末酒及び雑酒を含む。
  5. 5 焼酎は、連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎の合計である。

平成29年11月30日
広島国税局

4-1 県別の消費数量の推移《鳥取県の消費数量の推移》

《鳥取県の消費数量の推移》
年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
品目 消費数量 基準年度 消費数量 増減率 消費数量 増減率 消費数量 増減率 消費数量 増減率
清酒 キロリットル キロリットル キロリットル キロリットル キロリットル
3,496 100 3,484 99.7 3,482 99.6 3,236 92.6 3,149 90.1
合成清酒 350 100 325 92.9 292 83.4 277 79.1 268 76.6
連続式蒸留焼酎 1,280 100 1,330 103.9 1,318 103.0 1,258 98.3 1,277 99.8
単式蒸留焼酎 2,571 100 2,542 98.9 2,477 96.3 2,502 97.3 2,461 95.7
みりん 619 100 603 97.4 595 96.1 592 95.6 592 95.6
ビール 11,487 100 11,350 98.8 11,119 96.8 10,861 94.6 11,153 97.1
果実酒 720 100 762 105.8 790 109.7 802 111.4 814 113.1
甘味果実酒 28 100 32 114.3 35 125.0 31 110.7 32 114.3
ウイスキー 334 100 370 110.8 409 122.5 450 134.7 481 144.0
ブランデー 34 100 34 100.0 34 100.0 30 88.2 30 88.2
発泡酒 4,172 100 3,998 95.8 3,979 95.4 3,889 93.2 3,941 94.5
リキュール 9,231 100 10,104 109.5 9,864 106.9 10,263 111.2 10,226 110.8
スピリッツ等 889 100 1,112 125.1 1,369 154.0 2,034 228.8 1,963 220.8
その他の醸造酒等 4,576 100 4,364 95.4 3,877 84.7 3,933 85.9 3,453 75.5
合計 39,787 100 40,412 101.6 39,639 99.6 40,155 100.9 39.840 100.1