ここから本文です。

ホーム広島国税局お酒に関する情報平成28年度の酒類の消費状況について2 消費数量の推移

(注)

  1. 1 各表の係数は、単位未満を四捨五入しているため、合計が一致しない場合がある。
  2. 2 平成24年度から平成26年度の成人人口は、各年度9月2日時点の各県選挙管理委員会の選挙人名簿登録者数による。
  3. 3 平成27年度の成人人口は「平成27年国勢調査結果」(総務省統計局)、平成28年度の成人人口は「人口推計」(総務省統計局)による。
  4. 4 スピリッツ等には原料用アルコールを含み、その他の醸造酒等には粉末酒及び雑酒を含む。
  5. 5 焼酎は、連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎の合計である。

平成29年11月30日
広島国税局

2 消費数量の推移

品目別の消費数量の構成比は、ビールが134,031kℓで全体の28.3%を占めており、次いでリキュール113,954kℓ(24.1%)、発泡酒50,456kℓ(10.7%)、その他の醸造酒等42,238kℓ(8.9%)、清酒35,002kℓ(7.4%)、単式蒸留焼酎34,769kℓ(7.3%)、スピリッツ等21,609kℓ(4.6%)等となっている。
 平成24年度を基準とした品目別の増減率では、スピリッツ等(+87.1P)、ウイスキー(+48.1P)、果実酒(+12.4P)、リキュール(+5.7P)が増加している一方で、その他の醸造酒等(25.5P)、合成清酒(24.1P)、ブランデー(△13.2P)、単式蒸留焼酎(5.4P)等が減少している。

区分 消費数量 増減率(24年度=100%)
品目 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
清酒 キロリットル キロリットル キロリットル キロリットル キロリットル
36,341 36,002 34,406 33,806 35,002 100 99.1 94.7 93.0 96.3
合成清酒 2,248 2,158 1,996 1,831 1,707 100 96.0 88.8 81.5 75.9
連続式蒸留焼酎 15,751 16,407 15,331 14,564 14,491 100 104.2 97.3 92.5 92.0
単式蒸留焼酎 36,759 36,559 35,037 35,209 34,769 100 99.5 95.3 95.8 94.6
みりん 6,506 6,648 6,003 6,277 6,051 100 102.2 92.3 96.5 93.0
ビール 139,414 137,721 134,266 135,978 134,031 100 98.8 96.3 97.5 96.1
果実酒 11,180 11,709 11,652 11,904 12,567 100 104.7 104.2 106.5 112.4
甘味果実酒 645 818 670 748 617 100 126.8 103.9 116.0 95.7
ウイスキー 3,936 4,342 4,826 5,449 5,831 100 110.3 122.6 138.4 148.1
ブランデー 479 475 455 437 416 100 99.2 95.0 91.2 86.8
発泡酒 53,982 52,255 52,411 51,193 50,456 100 96.8 97.1 94.8 93.5
リキュール 107,799 116,203 109,098 109,957 113,954 100 107.8 101.2 102.0 105.7
スピリッツ等 11,549 13,190 15,647 18,839 21,609 100 114.2 135.5 163.1 187.1
その他の醸造酒等 56,678 54,733 48,018 44,007 42,238 100 96.6 84.7 77.6 74.5
合計 483,267 489,224 469,824 470,202 473,739 100 101.2 97.2 97.3 98.0
平成22年度から平成26年度の主要品目ごとの消費数量の推移を表したグラフ