ここから本文です。

ホーム広島国税局お酒に関する情報平成27年度の酒類の消費状況について1 概況

(注)

  1. 1 各表の係数は、単位未満を四捨五入しているため、合計が一致しない場合がある。
  2. 2 平成23年度から平成26年度の成人人口は、各年度9月2日時点の各県選挙管理委員会の選挙人名簿登録者数による。
  3. 3 平成27年度の成人人口は、平成27年国勢調査結果(総務省統計局)による。
  4. 4 スピリッツ等には原料用アルコールを含み、その他の醸造酒等には粉末酒及び雑酒を含む。
  5. 5 しょうちゅうは、連続式蒸留しょうちゅうと単式蒸留しょうちゅうの合計である。

平成28年11月30日
広島国税局

1 概況

平成27年度(平成27年4月1日から28年3月31日)における当局管内(鳥取、島根、岡山、広島及び山口県)の酒類消費数量は470,202kℓであり、前年度(469,824kℓ)に比べ0.08%増加している。

(注)「酒類消費数量」とは、酒類小売業者の販売数量のほか、酒類製造業者及び酒類卸売業者の消費者への直売数量を含めた販売(消費)数量である。

主要品目別消費数量割合

(%:構成比)

平成27年度の酒類の消費数量を主要品目ごとの構成比を表したグラフ
《品目別消費数量》
品目 消費数量 構成比 品目 消費数量 構成比
清酒 キロリットル 甘味果実酒 キロリットル
33,806 7.2 748 0.2
合成清酒 1,831 0.4 ウイスキー 5,449 1.2
連続式蒸留しょうちゅう 14,564 3.1 ブランデー 437 0.1
単式蒸留しょうちゅう 35,209 7.5 発泡酒 51,193 10.9
みりん 6,277 1.3 リキュール 109,957 23.4
ビール 135,978 28.9 スピリッツ等 18,839 4.0
果実酒 11,904 2.5 その他の醸造酒等 44,007 9.4
  合計 470,202 100.0