ここから本文です。

ホーム広島国税局報道発表資料(プレスリリース)目次平成27事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について>事業所得を有する者の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種

事業所得を有する者の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種

順位 業種目 1件当たりの申告漏れ所得金額 1件当たりの追徴税額(含加算税) 直近の年分に係る申告漏れ割合 前年の順位
  万円 万円
1 風俗業 3,128 884 96.6 1
2 スタンドバー 1,270 198 75.6 4
3 鉄骨、鉄筋工事 1,131 156 58.9 7
4 防水工事 1,118 143 71.9 -
5 冷暖房設備工事 1,082 188 66.5 -
6 建設、設備工事労務者 1,066 72 82.7 8
7 焼肉 1,021 214 40.9 -
8 電気配線工事 1,013 147 50.4 -
9 内装工事 975 121 49.1 5
10 板金工事 949 181 41.6 6

(注)

1 上記調査事績は、特別調査及び一般調査に基づく実施結果である。
2 「直近の年分に係る申告漏れ割合」は、
(申告漏れ所得)で算出している。
(調査前所得)+(申告漏れ所得)
3 「前年の順位」は、事業所得を有する者の前年の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10位に該当するものについて、その順位を記載している。