ここから本文です。

ホーム源泉徴収義務者の方へNISAに関する情報>NISA及びジュニアNISAにおいて金融商品取引業者等の営業所の長が所轄税務署長に提供する事項の「レコードの内容及び記載要領」等について

NISA及びジュニアNISAにおいて金融商品取引業者等の営業所の長が所轄税務署長に提供する事項の「レコードの内容及び記載要領」等について

  1. 1 非課税適用確認書の交付申請書に記載された事項等を提供する場合におけるレコードの内容及び記録要領等の制定について(法令解釈通達)
  2. 2 外字の取扱い
     NISAの申請事項等において利用できるJIS第1水準及び第2水準の漢字、カナ、記号等については、こちらをクリックしてください。
    • (1) 外字がいわゆる異字体又は旧字体の場合で、それらを統一文字又は新字体に変換できるものは、それぞれの文字に変換してください。

      <例> 「大」 ⇒ 「大」  「藤」 ⇒ 「藤」

      (注)<例>は、いずれも、旧字体を新字体に変更する場合の例示です。「藏」及び「齊」は、いずれもJIS第2水準の漢字であることから、「藏」及び「齊」をそれぞれ「蔵」及び「斉」に変更する必要はありません。

    • (2) 半角文字のカナ、英数字、記号、丸付き数字、カッコ付き漢字等は、JIS第1水準及び第2水準の全角文字に変換してください。
    • (3) 人名に使用されている漢字等で、他の漢字等に変換できない漢字等が含まれている場合には、その人名を全てカナで記録してください。
    • (4) 住所又は所在地に使用されている漢字等で、他の漢字等に変換できない漢字等が含まれている場合には、当該他の漢字等に変換できない漢字等をカナで記録してください。
  3. 3 所轄税務署の番号
     所轄税務署の番号については、「局署番号表」に掲載している番号を利用してください。「局署番号表」は、こちらをクリックしてください。