ここから本文です。

ホーム福岡国税局お酒に関する情報平成27年度の酒類消費状況平成27年度の長崎県の酒類消費状況

平成27年度の長崎県の酒類消費状況

酒類消費数量、前年度比0.9%増加

平成27年度(平成27年4月から平成28年3月)における長崎県の酒類の消費数量の合計は、84,735キロリットルであり前年度83,953キロリットルに比べ782キロリットル(0.9%)増加している。

平成18年度から平成27年度の長崎県の酒量の消費数量の推移を表したグラフ

(注)「しょうちゅう」は「連続式蒸留しょうちゅう」と「単式蒸留しょうちゅう」の合計である。

ビール・発泡酒の構成比、全体の41.0%を占める

品目別の消費数量の構成比は、ビールが24,705キロリットルで全体の29.2%を占めており、次いでリキュール18,416キロリットル(21.7%)、発泡酒10,002キロリットル(11.8%)、単式蒸留しょうちゅう8,669キロリットル(10.2%)、その他の醸造酒8,395キロリットル(9.9%)、清酒5,015キロリットル(5.9%)、連続式蒸留しょうちゅう2,835キロリットル(3.3%)、スピリッツ2,376キロリットル(2.8%)となっている。
 ビールと発泡酒の合計消費数量は、34,707キロリットルであり、構成比は全体の41.0%を占めており、前年度の41.3%から0.3ポイント減少している。

平成27年度の品目別の長崎県の消費数量構成比を表したグラフ

平成18年度から平成27年度の長崎県の清酒の消費数量の推移を表したグラフ

平成18年度から平成27年度の長崎県の単式蒸留しょうちゅうの消費数量の推移を表したグラフ

平成18年度から平成27年度の長崎県のビール及び発泡酒の消費数量の推移を表したグラフ

平成18年度から平成27年度の長崎県のリキュールの消費数量の推移を表したグラフ