平成30年8月
東京国税局

当局管内の各都県における、平成27年度から平成29年度までの単式蒸留焼酎に係る課税移出数量及び消費数量は以下のとおりです。
 これにより、特産品のうち米、麦、さつまいも又はそばを主原料として製造しようとする単式蒸留焼酎製造免許については、平成30年(2018年)9月1日から平成31年(2019年)8月31日までの間、免許付与可能な都県は千葉県、東京都、神奈川県及び山梨県です。

(単位:キロリットル
都道府県名 27年度の課税移出数量 27年度の消費数量 28年度の課税移出数量 28年度の消費数量 29年度の課税移出数量 29年度の消費数量 27から29年度の平均課税移出数量 27から29年度の平均消費数量 27から29年度の平均消費−平均課税 免許付与可能都県(可能は○)
千葉県 12,054 17,110 10,288 16,607 10,370 16,137 10,904 16,618 5,714
東京都 382 46,830 375 43,300 370 43,611 376 44,580 44,205
神奈川県 414 22,703 324 22,450 293 22,651 344 22,391 22,048
山梨県 264 2,904 407 2,843 838 2,750 503 2,832 2,329
  • (注)1 上記数量は、いずれも平成30年(2018年)6月30日現在の数量により算出しています。
  •    2 平成31年分以降の元号の表示につきましては、便宜上、平成を使用するとともに西暦を併記しております。