国税庁では、毎年、租税教育の一環として「税に関する高校生の作文」の募集を行っています。
 令和元年度は全国で1,818校から214,421編の応募があり、大阪国税局管内においても355校から45,206編の応募がありました。
 その中で、大阪国税局管内では、国税庁長官賞1名、大阪国税局長賞5名、公益財団法人納税協会連合会会長賞6名の方々が受賞されました。
 受賞された方々は以下のとおりです。

【国税庁長官賞受賞者(1編)】
氏名 学校名 学年 題名
中山 結夢 和歌山県立桐蔭高等学校 1 税金の本質を考える
【大阪国税局長賞受賞者(5編)】
氏名 学校名 学年 題名
藤原 蒼 滋賀県立高島高等学校 1 命を繋ぐ
寺岡 駿 京都教育大学附属高等学校 1 「海を越えた税金」
川人 育実 大阪府立北野高等学校 1 「少子高齢化問題と税」
新井 沙和 神戸市立須磨翔風高等学校 1 誰もが幸せになるために
植田 陽南 奈良学園高等学校 2 消費税率引き上げと私たちができること
【公益財団法人納税協会連合会会長賞受賞者(6編)】
氏名 学校名 学年 題名
鬼頭 りか 光泉高等学校 1 「人として生きるための税金」
淺井 詩乃 同志社女子高等学校 3 ペイフォワード消費税は幸せを渡すバトン
本人の希望により氏名は非公開とします。 大阪緑涼高等学校 1 税の使われ方
森嶋 珠希 兵庫県立長田高等学校 1 税が支える社会、優しさが守る社会
宇井 穂 学校法人聖心学園橿原学院高等学校 2 観光と税
榎本 翠 和歌山県立海南高等学校 1 税にのせる気持ち